人気ブログランキング | 話題のタグを見る

歯科医師が綴るコラム集やお知らせなど【二期会歯科クリニック】札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F/TEL:011-251-2220


by nikikai_sapporo
HONDAがF1から撤退~一モータースポーツファンの独り言~

 2008年12月5日にHONDAがF1から撤退するというニュースが突然発表されまし た。 ひとりのモータースポーツファンとしては、すごく残念な気持ちと最近の F1の現状を考えると「しょうがないかな」と思う気持ちが複雑に絡み合ってい ます。 HONDAにとってF1とは特別なものであり、その挑戦の歴史をかいつまんでふりかえってみたいと思います。
 1964年に初めてF1に参戦した時には自動車(しかも軽トラック!)を作り始め て2年目の事でした.なぜそんな時期に参戦したかというと、当時の社長の本田宗一郎氏が「世界で一番でなければ一番じゃねぇ!」 と技術向上と従業員の士 気高揚を図るために破産覚悟で決断したものでした。

コラム・第14回/Dr.森本 光一 [ 二期会歯科クリニック ]_c0130091_752519.jpg

 既にオートバイのレースでは海外で何度も勝っていたため、当時のHONDAのF1マシーンのエンジンは馬力ではナンバーワンでしたが、その分複雑で重たく初期トラブルも重なってなかなか良い成績が上げられませんでした。しかし1965年の最終戦メキシコGPではついに優勝したのでした。残念な事に当時の日本の社会には「暴走族の行為を助長する」とあまり大きくとらえられませんでした。

コラム・第14回/Dr.森本 光一 [ 二期会歯科クリニック ]_c0130091_7521997.jpg

 しかし欧米では、そのひときわ甲高いエンジン音から「ホンダミュージック」と賞賛されました。その後、小型乗用車の開発に専念するためF1活動を休止する1968年までの35戦で合計2勝をあげ、HONDAの第一期の挑戦は終わりました。

 1983年HONDAはエンジンのみをチームに供給するといった形でF1に復帰を果たします。 翌1984年の第9戦のダラスGPで復帰後の初優勝を飾り、その後着実に力をつけたHONDAエンジンは1987 年から1991年の5年にわたりチャンピオンエンジンとなったのです。 特に1988年には全16戦中15勝という圧倒的強さを見せたのでした。 しかし1992年に「初期の目的は果たした」とF1からの一時撤退を決め、この10年間で計151戦中63勝し てHONDAの第二期の挑戦は終わりました。

コラム・第14回/Dr.森本 光一 [ 二期会歯科クリニック ]_c0130091_7523168.jpg

(創業者本田宗一郎と「音速の貴公子」アイルトン・セナのツーショットです。残念ながら二人ともすでに故人となってしまいましたが、セナの活躍無くして第二期の栄光は無かったと思います。)

コラム・第14回/Dr.森本 光一 [ 二期会歯科クリニック ]_c0130091_7524244.jpg

 2000年から再びF1へエンジンの供給を再開したのですが、期待とは裏腹に成績は振るいませんでした。ついに2006年からは車体も自社製のオールHONDAとして38年ぶりに参戦し、2006年の第13戦ハンガリーGPでついに優勝を飾るのですがその後は低迷が続き来年こそはとの期待もあったのですが冒頭にも書きましたように今年でHONDAの第三期の挑戦は幕を閉じました。
              
コラム・第14回/Dr.森本 光一 [ 二期会歯科クリニック ]_c0130091_7525237.jpg

コラム・第14回/Dr.森本 光一 [ 二期会歯科クリニック ]_c0130091_753410.jpg

 確かに現在の自動車業界は世界的に危機的状況であり、年間活動費に約400億円も必要なF1活動は会社の運営上厳しいものだと思います。なにせF1マシンはネジの一つから全て特注品で勝つためのマシンを作るには多くのスタッフと莫大な開発費がかさんでしまいます。そのためここ数年はコスト削減のためのルールが重視され、その結果、チームごとの特色が薄れてしまったのも事実です。
 しかし、何でもありにしてしまうと安全性も失われてしまい、実際1970年代までは常に死と背中合わせのものでした。安全性とスピードといった相反する物を管理するためにはルールが必要ですが、このルールの中で勝ち抜くためには他のチームが行っている事それ以上が要求され、たとえ今年は良い成績だったとしてもそのままでは次の年には下位グループに埋もれてしまうくらい厳しい物なのです。

          ~HONDAの光と陰~

 スピードのみを考えればエンジンの馬力が大きければそれだけ最高速度は上がります。第1~2期のHONDAのアドバンテージはずばりここでした。そのうえ燃費や信頼性といった点でも優れていました。ところがここが大きな落とし穴で、そのスピードを活かせる車体の開発がおろそかになっていたのでした。HONDAが活動休止している1970年代と1990年代で最も進歩した事は空力でした。走行中の風の抵抗をできるだけ抑え、かつその抵抗を利用して車体を安定させるか、といったことが様々な角度から研究され、開発されていったのです。追い討ちをかけるように先に述べたルールによってコスト削減のためエンジンの開発やその性能までも制限されてしまい、第三期のHONDAのF1はその遅れを取り戻す事ができずに苦戦を強いられたのです。
 しかし、2009年度に向けて明るい材料もあったのです。新しいルールでは環境問題に対応するためにエネルギー回生システム(タイヤの回転で発電してそのエネルギーを再利用するシステム)の導入が決まっておりHONDAがそのシステムで一番進んでいると言われていたのです。

 そんな中の撤退のニュースですが、記者発表の時の福井威夫社長の顔が残念だというよりは、諦めきれない悔しさがにじみでていたような気がします。

 この危機を乗り越えてきっとF1に帰ってくると私は信じています。

          「F1はHONDAのDNA」なのですから・・・

コラム・第14回/Dr.森本 光一 [ 二期会歯科クリニック ]_c0130091_7531535.jpg

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
# by nikikai_sapporo | 2008-12-19 08:01 | Dr.森本 光一
~イケてる矯正治療を目指して!~

 今回は、「より良い矯正治療」について、最近よく耳にする「イケて る」という言葉を軸に勝手に考えてみました。

 みなさんが思う「イケてる」治療とは何でしょう?例えば、「早く治 療が終わった」「すぐにキレイな差し歯が入った」「痛くなかった」などでしょうか?
 患者さんの要望に応えられる歯科医は私の理想です。しかし、その要望にひたすら応えることだけに専心し、治療において大事 なことが欠けていたとしたら私は問題があると思います。きっと「イケてない」歯科治療になるのではないでしょうか?

 さて、ここで私が使った「イケてる」という言葉はどんな意味を持つ のでしょう。「イケてる」という言葉は単に外見がいい、いわゆる「かっこいい」 ことを指すもので、「ウザイ」「ビミョー」に代表される若者言葉の一 つだと私は思っていたのですが、現在、様々な捉え方があるようです。
 例えば、顔やスタイルだけでなく、雰囲気にマッチしたファッションセンスのある人を指したり、逆に、否定的な意味としても使われている場合もあるようです。(応用例、「逝け面」:醜悪な容姿の意味)更にこの言葉を人に対して使う場合、生まれもっての美形の人にあまり使わないという捉え方もあるようです。
 そのため「イケてる」男性(イケメン)は髪型や髪の色も気を配り、眉の形も整えたりして、頑張って外見を磨いているとのことです。つまり、頑張っていなければ、イケメンでなくなるようです。焦燥感をにわかに感じる「イケてる」という言葉から現代の若者が心中に持つ外見へのコンプレックスが感じられます。

 このように様々な意味を持つ「イケてる」という言葉の捉え方で私が感心したのは、単に外見だけではなく、

    1, 大切なヒトを思いやる気持ち
    2, 仕事などに対する自信
    3, 周囲への気配り、優しさ

といった「総合的な人間性」が高い人を指す捉え方です。

 この捉え方を歯科治療、強いては矯正治療に当てはめてみたいと思います。
 歯科治療では症状によって、通院期間や治療時間がたくさんかかる場 合があります。例えば、歯の根の治療(根管治療)です。歯の土台となる根の治療が十分でないと如何にキレイな差し歯やブリッジ、入れ歯を入れても、瞬く間に駄目になってしまうでしょう。
 矯正治療も同様です。矯正治療では単に、ガタガタ(叢生)を解消し、歯軸を整えるだけではなく、しっかり咬めて、後戻りが少ない咬み合わせを確立する必要があります。そのためには…、「上下の前歯の真ん中の線が一致し、犬歯から奥歯にかけて、上の1歯に対して下の歯2本の咬み合わせとなること」が最も機能的な咬み合わせと言われています。

コラム・第13回/Dr.大西 康友 [ 二期会歯科クリニック ]_c0130091_8495118.jpg

 更に咬み合わせとともに、私たち矯正医が治療方針(例えば抜歯、非抜歯の選択)を立てるに当たって注目しているのは横顔です。理想的な横顔とは…、下の写真のように鼻先と下顎の先端部を結んだライン(エステティックライン)に対して上口唇がライン上かやや後方に、下口唇がライン上にあることがより美しい口元だといわれています。
 いかに上の写真のような良い歯列になっても、下の写真のような横顔では審美的な問題が有るとともに十分に口唇を閉じることができないことから口腔内が乾燥し虫歯になりやすいといった問題が生じます。そのために非抜歯による治療中でも抜歯を検討することがあるのです。
 治療が長期化することがあるのは、審美性(形態)の確立とともにしっかりした咬み合わせ(機能)を提供したいためです。

コラム・第13回/Dr.大西 康友 [ 二期会歯科クリニック ]_c0130091_850792.jpg

 迅速に治療を行うことは重要ですが、そのために本質が損なわれたならその治療は「イケてる」ものではなくなりますよね。
 多くの男性、女性が相手に対して求める「見た目」だけではない「総合的な人間性」の高さ…、矯正治療においても当てはまると感じました。それは患者さんの要望(治療の早さ、痛みの軽減等)に応えつつ、単に審美性(見た目)だけではない機能性(よく噛める 後戻りしにくい歯列)を併せ持った「総合的な治療効果」の高さ…。そんな「イケてる」矯正治療を提供していければいいなぁと思う今日この頃です。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
# by nikikai_sapporo | 2008-11-11 08:51 | Dr.大西 康友
「日常診療のひとコマ」

ある日麻酔をかけての治療中・・・・

歯医者さん:「もし痛かったら手をあげてくださいねー。」
(患者さん、手を挙げる)
歯医者さん:「ちょっと我慢してねー。」
患者さん :「じゃー、なんのために手を挙げたのさー」(心の声)
   
こんな経験ありませんか?

 今回は麻酔にまつわるお話です。といっても難しい学問的なことは抜きにして、私たちがどのように考えているかを少しお話したいと思います。

コラム・第12回/Dr.木下 篤 [ 二期会歯科クリニック ]_c0130091_1342024.jpg

 歯医者さんは一日に少なくても3~4回ぐらいは麻酔を使います。1年でいうと1000回近く麻酔をする計算になります。これだけやると「この年齢で、この場所に、こういう処置をするときはこれぐらいの麻 酔の強さで大丈夫かな。」っていうのがだいたいわかります。理想的な麻酔というのは、なるべく少ない量でしっかり痛みをとる、ということなのです。必要以上に麻酔をすれば、治療後の麻痺も長時間に及びます し、歯茎が痛い、噛むと痛いといった症状が出ることもあります。しかし、この“だいたいこれぐらい”の基準を大きく超えて効きづらい場合があります。

それは―
・治療する歯にすでに強い痛みなどの炎症がある時。
・歯のまわりに膿がたまっているとき。
・歯の周りの骨の厚みや密度が予測以上で麻酔薬が歯の根っこまで浸透しづらい時(特に下顎の奥歯)。などです。こんなとき麻酔をしたのに治療が痛いという現象が起きるわけです。

こうなったら歯医者さんはどうするでしょうか?

 第一の選択は“より強く麻酔をする”です。量を追加したり、より効く場所に打ちます。これで、1回目で効いていなくても効かせられることが多いです。

それでも、効かなかった場合どうするか?
 次に考える選択肢は
①さらに麻酔を追加する。
②今日は治療を中断し、後日再度麻酔をして治療をする。
③ちょっと我慢してもらって治療を終える。

 さらに追加することで痛みをとることができると考えれば①を選ぶでしょう。これ以上追加しても効く見込みが少ないと考えれば②か③を選ぶことになります。上述のように年に1000回近くも麻酔をしていると、今日はいくら打っても効かないな、というのもおおよそわかりま す。そういうときが1000回のうち数回はあるんです。

 今日無理に治療を進める必要のない時には②を選び、また後日でもいいかもしれません。しかし、痛くて来ている患者さんで、今日治療を進めないとその痛みをとってあげることができないとか、後日また麻酔を打って痛い思いをさせるぐらいなら、今ちょっと我慢してもらったほう が明らかに患者さんが楽だろう、というときは、③を選ぶことになりま す。ここで冒頭のセリフ「ちょっと我慢してね。」が出てくるわけです。

 こんなことを言うと怒られるかもしれませんが、実は歯科で行う一般的な浸潤麻酔という方法は技術的にそれほど難しいものではないんです。この浸潤麻酔が効くかどうかは技術的なことよりも、麻酔を打つ歯の場所や状況によるところが大きいのです。

患者さんに痛い思いをさせたいと思っている歯医者さんは1人もいないと思います。痛みを我慢してもらっているときはとても申し訳ないと思いながら治療をしています。

 面倒だから我慢してもらっているわけでもないですし、もちろん麻酔がもったいないからというわけでもありません。できる限りのことはするので痛い時は遠慮せずに痛いと言ってください。ただ、それでも「我慢してね。」と言われた時は、その場の状況を考え判断した上での「我慢してね。」なんだということをわかってもらえれば幸いです。

では、今回はこれで。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
# by nikikai_sapporo | 2008-10-06 13:07 | Dr.木下 篤
「学会報告」

 歯周病の治療を主として一般歯科を担当している林です。

 私が当院に勤務いたしまして20年が経過しようとしています。長く通われている患者さんを見ると、共に年を重ねてきているなあと思う今日この頃です。(あと20年は頑張るつもりです)

 さて先の6月のことになりますが、所属しております日本臨床歯周病学会でポスター発表というものをやってきました。
 これが結構大変でありまして、症例をまずまとめ、それからポスター製作です。学会場でポスターを説明しながら発表します。全国の先生にああだこうだと(失礼)言われますので大変勉強になりました。ようやく終わったと思いましたら、今度は学会誌に原稿をまとめて投稿です。先日ようやくその作業が終わりホッとしている次第です。

 これがそのポスターです。(ポスターをクリックすると拡大のウインドウがでますので、興味のある方はじっくりご覧ください)
ポスター

 自己満足のようですが、このポスターは、努力と忍耐をもって患者さんと共に作り上げた「結果」と考えております。(当院医局の先生方にも大変お世話になりました)ちなみに内容は、重度の歯周病が患者さんの歯ブラシと術者による基本的な歯周病の治療のみで改善したというものです。
 インプラントが今や当学会でもよく取り上げられますが(もちろん治療のオプションとして欠かすことのできないものですし私も積極的におこなっています)、まず自分の歯を出来るだけ残すことが何よりということが、今回の学会でも話されていました。私もそう思って日々の診療に取組んでいます。

 時々当院のDr.が日程の都合で診療日に学会に出席することがあり、ご迷惑をおかけすることがあると思います。しかし学会で学んだことは必ずや患者さんに還元できるものと考えておりますので、これからもご理解いただきたいと思います。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
# by nikikai_sapporo | 2008-09-02 11:28 | Dr.林 聡氏
「不正咬合もろもろと習癖」

 矯正歯科を担当しています正木です。
 当二期会歯科クリニックは開設以来四半世紀が経過しようとしています。当初10年間ほど、不正咬合を訴えて矯正歯科を受診する患者さんの内訳は大雑把に言って5割が反対咬合(うけ口)で、4割が叢生(乱ぐい歯)、1割が上顎前突(出っ歯)でした。しかし、その比率が徐々に変化し、最近では反対咬合が3割弱、上顎前突が3割で、叢生が4割となっています。この原因がどこにあるのかは判然としません。

 様々な医療情報を簡単に得やすくなった環境により患者さんの意識レベルが変化したことも影響していると思われますが、一説には、反対咬合は誰の目にも判定しやすい不正咬合であり、近年矯正歯科診療所が各地で増加したことで、一番目に付きやすい反対咬合の患者さんが数多く治療を受けている結果、一診療所あたりの反対咬合の比率が減少したのではないか、とも言われています。確かに25年前10軒であった札幌市内の矯正単科開業の診療所は、現在32軒と増加していますし、更に矯正歯科を標榜する歯科診療所もかなり増えていますので、一理あるかもしれません。

 この25年間に変化した今一つは、患者さんの年齢比率です。小学生から高校生までの成長期にある子供が圧倒的に多く、二十歳以上の成人は1割未満だったのが、今は小学生が2.5割、中・高生が4割、成人が3.5割となっています。日本の経済発展を背景に矯正歯科治療そのものが一般に普及したことに加え、使用する装置の審美的改良等により成人が昔に比べて大きな抵抗を感じることなく治療を受け入れられる環境になったこと、さらに8020運動に代表される日本歯科医師会の啓蒙活動や日本臨床矯正歯科医会(http://www.orthod.or.jp/)による「スマイルコンテスト」といった矯正歯科治療の普及活動などが、理由に挙げられるでしょう。

 女子マラソンの土佐選手が歯にブレース(ブラケット)を装着して国内レースで優勝した姿は記憶に新しいですね。もう既に治療は終了し、今は保定中(後戻りしないように観察)とのことです。過去には陸上競技のカール・ルイスやテニスのシャラポアも矯正治療をしていました。このようにマスコミに矯正治療中の著名人が登場することは好ましいことです。健康な歯、歯肉(歯ぐき)と骨であれば、治療期間は別として、年齢に関係なく矯正治療は可能です。チョットおかしいなと感じたら是非矯正歯科認定医や専門医(http://www.jos.gr.jp/search/index.html)を受診しましょう。

 来院される患者さんを拝見していますと色々な不良習癖(くせ)を持っていて、それが原因と思われる顎のゆがみや咬み合わせの異常を伴った不正咬合を目にします。例えば長期間にわたる頬杖癖は下あごの形やその位置を変化させ、結果的に左右の咬み合わせの違いや、歯並びの中心線のずれが生じます。

コラム・第10回 / Dr.正木 史洋 [二期会歯科クリニック]_c0130091_9343950.jpg

 また、睡眠時の姿勢(睡眠態癖)も同様の影響を及ぼし、特にうつ伏せ睡眠は注意が必要です。下の写真は顔の右側を下に、すなわち左向きのうつ伏せ寝が習慣的に行われていた結果です。

コラム・第10回 / Dr.正木 史洋 [二期会歯科クリニック]_c0130091_935277.jpg

 成長期にこうした習癖による力が働くことで骨の形や歯並び、咬み合わせに異常を来し、治療が更に難しくなりますので是非気をつけていただきたいと願っています。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
# by nikikai_sapporo | 2008-08-17 16:22 | Dr.正木 史洋