人気ブログランキング |

歯科医師が綴るコラム集やお知らせなど【二期会歯科クリニック】札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F/TEL:011-251-2220


by nikikai_sapporo
こんにちは。
第三回コラムは森本が担当いたします。

 薬は人体にとって良い効果や作用のある物質で、その 史は紀元前2000年には記録として様々な動植物の薬効が記載されています。しかし、どんな薬にも副作用があり、使い方を誤れば簡単に毒となります。逆に危険な猛毒でも使い方によっては優れた薬になるのです。

 歯科の診療で使用される主な薬としては局所麻酔薬、鎮痛薬、抗生剤があります。もちろん大きな問題の無い物を使用していますが、以下のような注意が必要です。

コラム・第3回 / Dr.森本 光一[二期会歯科クリニック] _c0130091_10111126.jpg

【1】服用の指示ををきちんと守る
 多く飲めばそれだけ効果がある訳ではありません。かえって格段に副作用の危険性が増加します。逆に少なすぎると効果が不十分な場合があります。

【2】他の薬との飲み合わせ
  既に他の病院より処方されている薬がある場合には、お薬手帳や病院からの薬剤情報の用紙をご持参ください。粉薬や、一回服用分として複数の薬が一袋にまとめられている場合には、現物を持参していただいても判断がつかないので、特にこのような情報が大切となります。また、市販の薬でも特に風邪薬は要注意です。風邪薬の中には鎮痛作用や解熱作用、抗炎症作用といった様々な成分が含まれている場合が多く、当院から処方される薬との相互作用が生じ、副作用が出る確率が高いことがあります。

【3】妊娠中、授乳中の場合
 どんな薬でも100%安全な物はありませんので、原則的には極力使用しないほうが良いと思われます。しかし炎症が進行して強い痛みや腫れが生じ、不安やストレスを感じている場合などは、必要最小量の鎮痛剤を使用すべきと考えられます。また歯周 織の感染が進行し化膿してくるような場合は、抗生剤を使用した方が口腔内の炎症を速やかに消退させ、全身への影響を食い止めることができるでしょう。妊娠の時期や経過、授乳のパターンや一時的な人工乳への切り替えの是非を考慮し、ケースバイケースで適切な投薬を判断いたしますので、是非ご相談ください。

コラム・第3回 / Dr.森本 光一[二期会歯科クリニック] _c0130091_1011294.jpg

 近年、致死率がとても高い食中毒の原因であるボツリヌス菌(写真)の毒素が、美容外科では「しわとり」の良薬となっています。今後「飲むだけで虫歯にならない薬」「歯肉に塗るだけで歯周病が治っちゃう軟膏」なんて夢のような特効薬が、現在「毒」とされる物質や悪玉細菌から発見される可能性は・・・・?
 それはともかく、まずは今ある薬を上手に利用して苦痛をできるだけ和らげ、基本を守った良い治療に専心したいと思います。

▽総合的な治療が可能な札幌市中央区の歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
# by nikikai_sapporo | 2007-12-07 10:17 | Dr.森本 光一
 こんにちは、第二回コラムを担当します大西(矯正歯科)です。

 今回は「かたい話」ですが、今後の日本の歯科医療体制について勝手に考えたことを書きたいと思います。
 現在、日本では歯科医院にかかると一人の歯科医師がほぼ全ての治療に関わることが多いと思います。しかし、一人の歯科医師が全ての治療を完璧に行うことはかなり難しいと思います。良好な治療結果を得るためにはやはり、歯科においてもある程度の専門分業化が必要ではないかと思います。
 実際、アメリカでは、歯周病専門医(歯槽膿漏専門)、歯内療法専門医(歯の神経や歯根の治療専門)、口腔外科専門医、補綴治療専門医(冠や義歯の専門)、矯正治療専門医、小児歯科専門医等、専門が別れています。そして専門医ではない一般開業医(かかりつけの主治医)が患者さんの口腔や歯の状態をみて、あるいは患者さんのニーズを聞いて、より高度な治療が必要と判断した場合に専門医へ紹介するシステムになっています。

 日本でもこういった体制ができれば、患者さんにとって有益だと勝手に思うわけです。しかし、そう簡単にはこのアメリカの体制を入れることが出来ないようです。

 まず、アメリカでは日本のような「国民皆保険制度」がなく、高齢者、障害者を対象にした保険、低所得者を対象にした保険、その他の国民が主に民間医療保障プラン(保険にグレードがあるようです)に加入するといった形で分けられており、恐ろしいことに、保険のグレードによって行ける病院やかかる医師が制限されているようです。つまり、高所得者ほど上記の体制で良質な治療を受けることができるのです。当然、良質な治療には高額な治療費、保険料がかかります。そのため中流以上の国民においては日本より歯科の知識(デンタルIQ)が高いのが現状です。(歯科疾患に対する予防意識が非常に高く、「歯が汚い人は生活習慣の悪い人」と認識しているため、歯並びをきれいにする矯正や、歯を白くするホワイトニングが盛んに行なわれています。) そのために、専門分業体制が可能であり、国民(高所得者中心)からの需要もあるのでしょう。

コラム・第2回 / Dr.大西 康友 [二期会歯科クリニック]_c0130091_114716100.jpg

(*アメリカと日本の違い……、アメリカに保険制度の実情はマイケルムーア監督の映画「シッコ SiCKO」をご覧下さい。)
 日本に専門分業体制を導入するとして、それに立ちはだかる問題点は…
1,「国民皆保険制度」(国の財政上陰りの見え始めた…)によって非常に安い治療費で歯科治療を受けることができますが、逆に保険治療の金額は歯科医師の経験や力量に関係なく一定であること。
2,歯科に対して関心を持っている人が比較的少ない。
3,専門医(歯内療法専門医、補綴治療専門医etc…)を標榜しようにも法律で歯科は一般標榜しかできないこと。
4,専門医として独自の治療料金を設定しても原則的に保険と保険外の混合治療が認められていないこと。
 などがあるのではないでしょうか。

 では今、斜陽の健康保険制度や国民性を考え、かつ良い治療を提供するためにはどうしたらいいのでしょう?

 その問に即答することは非常に難しいと思います。二期会歯科クリニックは、このような現状を踏まえ、より良い治療を提供するために定期的に院内で勉強会を行い、専門分野を研鑽している歯科医師で構成されたクリニックです。このため一般の開業医と比べて広い範囲の治療に当たることができると考えています。自分もその一員としてより良い矯正治療を提供できるよう頑張っています。歯並びの相談はもちろん、歯や口腔の健康に不安を感じている方はぜひ一度受診してみて下さい。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
# by nikikai_sapporo | 2007-10-27 09:52 | Dr.大西 康友
二期会歯科クリニック

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
# by nikikai_sapporo | 2007-09-15 07:11
9月18〜21日の矯正歯科(Dr.正木、Dr.大西)の診療は、日本矯正歯科学会出席のため休診となります。その代替として9月12日は水曜日ですが午前・午後とも診療いたします。

▽医療法人 二期会歯科クリニックのホームページ
歯科口腔外科小児歯科 審美歯科 矯正歯科 インプラント治療
# by nikikai_sapporo | 2007-09-01 11:29
9月21,22日のDr.本間の診療は、日本歯周病学会出席のため休診となります。
その代替として9月15日は第三土曜日ですが午前の診療を行います。

▽医療法人 二期会歯科クリニックのホームページ
歯科口腔外科小児歯科 審美歯科 矯正歯科 インプラント治療
# by nikikai_sapporo | 2007-08-31 11:28