人気ブログランキング |

歯科医師が綴るコラム集やお知らせなど【二期会歯科クリニック】札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F/TEL:011-251-2220


by nikikai_sapporo

カテゴリ:Dr.林 聡氏( 13 )

~学会報告~
 こんにちは。先の6月末の話になりますが、所属しております日本臨床歯周病学会が京都で行われ出席してきました。当院からは佐藤先生が症例のポスター発表を行い無事大役を終えてきました。

コラム・8月号(第34回)/Dr.林 聡氏[ 二期会歯科クリニック・札幌市 ] _c0130091_7562345.jpg

http://www.jacp.net/jacp_web/index.html

 さて今回の学会のメインテーマは「インターディシプリナリーアプローチにおける歯周治療の役割」というものでした。

コラム・8月号(第34回)/Dr.林 聡氏[ 二期会歯科クリニック・札幌市 ] _c0130091_7565360.jpg


「インターディシプリナリーアプローチ」は聞き慣れない言葉だと思いますが、歯科におきましては「専門分野の連携をはかった総合的な治療」という意味合いになると思います。専門分野の専門医については正木先生が前回のブログでくわしく説明してくれました。今回、学会では歯周病患者へのインプラント治療の留意点、矯正治療と歯周治療の接点や問題点などの講演がありました。

 今やインプラント治療や成人の矯正治療も普通に行われておりますが、歯周病の問題を抱えたままでありますと必ず後で問題がおこります。また全身疾患との兼ね合い、例えば歯周病と糖尿病は相互に悪影響を与えていることが明らかになってきており、今後は医科と歯科の連携も必要になってくると思います。

 当院の「ごあいさつ」にもありますが、創業時のコンセプトがまさにそれであります。当院では勉強会、症例検討会等を通して各専門の知識を学びながら日々の診療に携わっている次第です。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
by nikikai_sapporo | 2010-08-06 07:57 | Dr.林 聡氏
『サイモン&ガーファンクル』

 先日、サイモンとガーファンクルの札幌ドームコンサートに行ってきた。
実は前日まで行くかどうか悩んでいた。5歳上の姉の影響で小中学生の時に曲のほとんどを聴き傾倒していた。
しかしながら私の中ではすでにBGMのようになってしまった感があり、今さらという気持ちでコンサートに行くのをためらっていたのだ。
当日になり「こんな近くに来ているのに・・」と居ても立ってもいられなくなり、当日券を買いにドームに向かった。

 いよいよ入場となり会場の熱気に驚いた。一番多い年齢層はやはり団塊の世代か。
映画の『卒業』をリアルタイムで見ていた方々なのだろう。
そしていよいよサイモン&ガーファンクルがステージに。
曲が始まり3曲目で涙がでてきた。
夢のような時があっという間に過ぎ『明日に架ける橋』が今まさに目の前で奏でられている。

コラム・8月号(第22回)/Dr.林 聡氏[ 二期会歯科クリニック・札幌市 ]_c0130091_959228.jpg

 ポールサイモンは近況を知っていたので安心していたが、アートガーファンクルははっきりいって不安だった。
だが日本公演最終日だというのによくあれだけ熱唱してくれた。
行ってよかった。

 BGMを悪いもののように書いてしまいましたが、BGMにはまた違う役割をがあると思っています。
歯科医院では歯の切削機材の音を和らげリラックスしてもらうようにBGMは必須であります。
当院のBGMでもみなさんのお気に入りだった曲がインストメンタルで流れることがあると思います。

でもそれに聴き入る余裕はありませんよね。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
by nikikai_sapporo | 2009-07-28 09:59 | Dr.林 聡氏
「学会報告」

 歯周病の治療を主として一般歯科を担当している林です。

 私が当院に勤務いたしまして20年が経過しようとしています。長く通われている患者さんを見ると、共に年を重ねてきているなあと思う今日この頃です。(あと20年は頑張るつもりです)

 さて先の6月のことになりますが、所属しております日本臨床歯周病学会でポスター発表というものをやってきました。
 これが結構大変でありまして、症例をまずまとめ、それからポスター製作です。学会場でポスターを説明しながら発表します。全国の先生にああだこうだと(失礼)言われますので大変勉強になりました。ようやく終わったと思いましたら、今度は学会誌に原稿をまとめて投稿です。先日ようやくその作業が終わりホッとしている次第です。

 これがそのポスターです。(ポスターをクリックすると拡大のウインドウがでますので、興味のある方はじっくりご覧ください)
ポスター

 自己満足のようですが、このポスターは、努力と忍耐をもって患者さんと共に作り上げた「結果」と考えております。(当院医局の先生方にも大変お世話になりました)ちなみに内容は、重度の歯周病が患者さんの歯ブラシと術者による基本的な歯周病の治療のみで改善したというものです。
 インプラントが今や当学会でもよく取り上げられますが(もちろん治療のオプションとして欠かすことのできないものですし私も積極的におこなっています)、まず自分の歯を出来るだけ残すことが何よりということが、今回の学会でも話されていました。私もそう思って日々の診療に取組んでいます。

 時々当院のDr.が日程の都合で診療日に学会に出席することがあり、ご迷惑をおかけすることがあると思います。しかし学会で学んだことは必ずや患者さんに還元できるものと考えておりますので、これからもご理解いただきたいと思います。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
by nikikai_sapporo | 2008-09-02 11:28 | Dr.林 聡氏