人気ブログランキング |

歯科医師が綴るコラム集やお知らせなど【二期会歯科クリニック】札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F/TEL:011-251-2220


by nikikai_sapporo
「師匠と呼べる存在」 門脇 繁

 「何事も先達はあらまほしきものなり」と書いたのは吉田兼好であるが、仕事にしても趣味・道楽にしても、「師匠」と呼べる存在は誠にありがたいものである。興味の湧いた分野に首を突っ込むのはたやすいけれど、その道の方向性や適切なリテラシーを伝授してくれる存在を見つけることはかなり難しいことである。「よしよし、私が君の師匠になってあげよう。」などと言って近づいてくる奴は、ほとんどが紛い物である。師匠とは「本日より弟子入りさせて頂きます。宜しくお願いします。」などと改まって筋を通さなければならない相手とは限らず、その人の言動や了見、嗜好や行動を見聞きして、自分が腑に落ち、膝を打ち、合点する、そんな存在(人物)を自分自身で「師匠」と認定するのである。
 私の場合、仕事の師匠に選んだ人は、最も「分かり難い」講義をする教授だった。一方、趣味・道楽の分野(映画・落語・演劇・ジャズ etc….)では、最も「合点のいく」話をしてくれる人たちを(勝手に)師匠と決めたのであった。演劇・芝居の師匠は高校時代の同級生で、ジャズの師匠は大学時代の同級生である。落語については周りに詳しい人がいなかったので、人間国宝・柳家小三治を師匠と決めた。まあ、自分が噺家になるわけじゃないので、師匠と呼ぶのはなんともおこがましい話だが、彼の了見に勝手に心酔してるわけである。
 じゃあ、映画はどうか? 私が映画好きになった要因の一つは、幼少の頃に育った場所が映画館に囲まれた環境であったことである。しかしこの環境要因だけでは、還暦をむかえようとしている現在までの長きにわたり映画好きが持続するとは思えない。やはり決定的な影響を与えてくれた師匠と呼べる人物が存在したのである。

それは誰かと問われれば、迷わずこう言うであろう。

それは、淀川長治(以下、淀長さん)である。


c0130091_14015137.jpg



       *****

 淀長さんとの出会いはもちろん「日曜洋画劇場」の解説である。言わずと知れた「さよなら、さよなら、さよなら」のフレーズ、名作のエッセンスを短時間で語る情熱、愚作でも何か美点を抽出して語る姿勢、ものまねしやすい語り口(後に小松政夫のものまね芸が一人歩きしているが)などに魅了されたものである。
 しかし彼の話で最も印象に残っているのはラジオ番組である。『淀川長治ラジオ名画劇場』(昭和48年10月〜昭和56年3月放送)はHBCラジオ月曜日の20:00からの1時間番組だったと記憶している。私が中学生の頃はほぼ毎週聴いていた。番組の中で今でも鮮烈に憶えている解説が、ヴィクトリオ・デ・シーカ監督イタリア映画「ひまわり」である。


c0130091_14015796.jpg



<映画のあらすじ>
イタリアの田舎で結婚し、幸せに暮らし始めた男と女。男はマルチェロ・マストロヤンニ、女はソフィア・ローレン。だが、第二次世界大戦が勃発し、男はロシア戦線(当時のソ連)に送られてしまう。やがて戦争は終わりを迎えるが、戦地で消息を絶って戻らない男を探すため、女はロシアへと旅立つ。そこで女が見たものは、若きロシア娘と新たな家庭を築いている男の姿だった。男と言葉を交わすことなくロシアから戻る傷心の女。数年後、男は女を訪ねてイタリアへ戻る。

ここからのシーンの解説が心に残っている。少々詳しく書くと・・・

その晩は嵐の夜、街は停電中。明かりの消えた女のアパートを訪ねる男。「老けた顔が見えなくてちょうど良いわよ。」と言って迎え入れる女。戦地で瀕死となった自分を助けてくれた娘と暮らし始め、子供までもうけた経緯を説明し、許しを請い、また昔のように二人でやり直そうと提案する男。最初は男の身勝手な行動をなじっていたが、少しずつ昔の感情が甦り、心が揺らぎ始める女。突然、隣室からの赤ん坊の泣き声、とほぼ同時に停電が解消し部屋がすっかり明るくなる。女にも新しい人生が始まっていたのだ。これが現実。もう引き返せないのが、現実。その後、映画はセリフ無し。二人の表情とヘンリー・マンシーニによるテーマ曲によって、映画史上に残る「駅の別れのラストシーン」へのなだれ込んでいく。

(私の記憶では)淀長さんは「アパート内の明かりの変化(暗闇→ろうそくの炎→部屋の通常の照明)」で「男と女の心の揺らぎ」を演出している、と解説し、監督の力量を褒めちぎっていた。そうかぁ、そうやって映画を読み解くのか!単に筋を追って観ているだけじゃ、監督の意図や表現手法は判らないんだ!映画って、凄いんだなぁ!と、心底感動したのである。


c0130091_14020447.jpg



 実は、この時点で私は映画「ひまわり」を観ていない。しかし淀長さんの解説を聞いたときには、すでに映像や音楽(このテーマ曲は有名だったから知っていたかもしれない)が私の頭の中に確かなイメージとして存在していた。
 この解説をラジオで聴いたのは、私が中学二年生の時(昭和47年初夏)であった。ちょうどそのころ私は慢性腎炎を発症し、北大病院に一ヶ月半ほど入院していた。病棟のベッドでイヤホンをつけて布団を被って、この映画の解説を聴いていたのである。映画「ひまわり」を初めて観たのは、それから半年後、中学二年の冬(昭和47年年末)のことであった。私の映画好きはこの頃から加速度を増し、翌年から自分でその年の映画ベスト10を決め始めた。ちなみに昭和48年に劇場で観た映画本数は92本。おいおい、中学三年生、高校受験だろうが!私が私の親の立場だったら心配するわい。

      *****

 淀長さんは数々の名言を残している。これらはネットで検索すればゴッソリ出てくるはずだ。なかでも私が気にっている言葉は「映画館は人間勉強の一番の教室である。」要は「映画が学校」って事である。これはものすごく実感する。これまで学校での授業や講義で習ったことは、映画館で映画を通じて学んだことに比べれば微々たるものだと思っている。今年の6月にはスガイディノス=札幌劇場が閉館になった。私はまだ卒業したくないのに、「学校」の方が閉校になったわけである。また、札幌の映画事情が一段と悪くなったのは、残念至極。


c0130091_14021208.jpg


      *****

 淀長さんの生前最後の言葉は、病床に付き添っていた姪御さんへの一言「もっと映画を観なさい。」だったとか。姪御さんに残した言葉ではあるけれど、明らかに全国にいる私のような映画好き達、つまり「自分の弟子たち」への遺言であろう。淀長さんは「私が薦める名作○○本を観れば、あとはどうでもいい。」などとは決して言わない人であったし、「自分の好みに合った作品や監督に巡り会うためには、ある程度の本数を観ていく必要がある。」「古い名作を観るのも大切だが、少なくとも月に二本は新作を観るべきである。それは映画は時代を映す鏡であり、現代を生きる我々にとって今の社会を勉強するためには新しい映画を観る必要があるからだ。」という了見の人であった。

師匠の言葉は重いのである。

私は今も、そしてこれからも、これらの師匠の言葉を胸に映画を見続けるわけである。

心を込めて、師匠に敬礼!

*****************

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
公式ウエブサイトURL http://www.nikikai.com/


# by nikikai_sapporo | 2019-10-01 00:20 | Dr.門脇 繁
「漢方薬とスパイスカレー」
担当 池田高明


 昨年の秋から、症例により漢方薬を処方するようになりました。きっかけは、毎月参加させていただいているJR札幌病院 歯科口腔外科主催の「創成川DC(dental conference)」という勉強会です。
 勉強会では、口腔外科はもちろん、歯科治療をおこなう際、関連の深いテーマを中心に、循環器、呼吸器内科など他科の先生から専門分野の最新の医学知識を学ばせてもらっています。  

c0130091_10555899.jpg
 
 超高齢社会の日本において、多くの疾患を抱えた患者さんが歯科医院を受診されています。患者さんが他科でどのような治療を受けられているのか、歯科医師もしっかり把握しておくことは、安全に診療を行っていくうえで重要です。勉強会の中で、自分が大学5、6年生のときに受けていた内科、外科などの隣接医学の講義では学ばなかった新しい薬や治療法の話を聞いていると、医学は日進月歩であり、知識のアップデートは常に必要なのだと改めて実感しています。

 本筋から少し話がそれましたが、昨年、同勉強会で北海道大学歯学部高齢者歯科学教室の山崎裕教授から「漢方薬と歯科」というテーマで、口腔内科的疾患(口腔乾燥症、口内炎など)に対し、漢方薬をもちいた症例を供覧させていただきました。漢方薬については、一知半解であったのですが、東洋医学の考え方の基本から、同じ疾患でも漢方薬を使い分ける際の勘所までをご教授いただき、自分にとって新地平を開くべく端緒となりました。

c0130091_10554444.jpg
アフタ性口内炎

c0130091_10554435.jpg
口腔乾燥症

 医科では、すでに漢方薬は広く処方されており、漢方薬を服用された経験がある方も多いかと思います。
 歯科でも、保険適応の漢方薬が現在、11種類あります。(昨年より、適応が
7種から拡大されました。)最近は、北大病院の歯科でも、処方するケースが増えてきているとのことでした。

c0130091_10554440.jpg

 医学を野球のピッチングに例えると(!?)、西洋医学的アプローチが「ストレート」ならば、漢方薬を使う東洋医学的アプローチは「変化球」なのかなと思います。「変化球」を身につければ、「ストレート」のみで通用しない時、乗り切る手札をもつことになり、自分の臨床に幅が広がると考えています。

             *****

 漢方薬についての勉強をしたことと関係なく、今年から以前より挑戦してみたいと思っていたスパイスカレー作りをするようになりました。水野仁輔さんという方の本との出会いが発端です。本の中ではスパイスカレーを美味しく作るために、著者が20年にわたり苦悩した末見出したルール、近道を示してくれています。
 スパイスを使うことは正直ハードルが高いと思っていました。しかし、本では、玉ねぎを飴色になるまで炒める際のポイントから、スパイスごとに加えるタイミングや香りを立たせるためのコツなどを詳細に、写真も多くまじえ教えてくれています。なにより、そんなに煩雑でないとわかったことがやってみようと決心した契機です。

c0130091_10574248.jpg


 インドの食生活を独特のものにしている点に、「アーユルヴェーダ」の存在があります。これは人のからだを小宇宙とみなし、生まれてから死ぬまでをいかに心身ともに健康に過ごすかを教える、中国の「医食同源」とも共通する部分がある伝承医学です。健康のために使われるのがスパイスなど自然の薬草であり、インドではこの医学が人々の生活に浸透しています。
 故に、インドでは、家庭のカレーの味は常に変わるもののようです。家族の体調、季節、天候によりスパイスの調合を変化させるので、いつ食べても少しずつ味が異なるのです。
 こうした点からも、スパイスカレーは漢方薬がふんだんに入った究極の健康食といえるのではないでしょうか。実際、カレーのスパイスが多く日本に入ってきた安土桃山時代から明治初期までは、これらは薬用として使われてきた経緯があります。スパイスは、もともと植物ですから、ビタミン、ポリフェノールが多く、強い抗酸化作用があります。またスパイスを効かせることで、塩分量も抑えることができます。カレーは、メインの食材を決め、スパイスの種類と量、使用タイミングを考え、健康的な料理にすることができます。

 カレー粉やルーを使わないで、カレーを作るべく、クミン、クローブ、カルダモン、コリアンダー、カイエンペッパーなどパウダーとホールでスパイスを10種ほど購入しました。

c0130091_10574212.jpg

 それぞれのスパイスの香りなどの特徴、効能などは覚えて、作り方のポイントを意識し作っています。
 そして、食べてみて今度はこうしてみようなど、フィードバックし次また作るのが楽しいです。
 下は先月作ってみた、バターチキンカレーとスープカレーです。自分でやってみるとカレー専門店のプロの偉大さがよりわかるようになりました。

c0130091_10574255.jpg


c0130091_10574341.jpg

 これからも、スパイスを使った料理は続けていって、いつかインド人のように体調に合わせ、融通無碍にスパイスのバランスを変えたりできるようになったら、もっと料理が楽しくなるのだろうと妄想しています。
 そして、重ねて食と健康のつながりの深さを感じ、歯科医師として患者さんのために勉強していかねばならないことは限りないと思ったのでした。


▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
公式ウエブサイトURL http://www.nikikai.com/


# by nikikai_sapporo | 2019-09-06 10:58 | Dr.池田高明
『オレンジの悪魔』

今回は森本が担当です。
寝苦しい暑い夜が続いていますが、そんな時に元気がもらえる映像の紹介です。
タイトルから何かホラーぽい感じがしますが、その正体は京都橘高校吹奏楽部です。

c0130091_13275514.jpg

以前に所さんの「笑ってコラえて」で紹介され、ご存知の方もいらっしゃるかも知れません。

c0130091_13275832.jpg

京都橘の魅力はマーチングバンドなのに演奏しながらダンスの要素を取り入れた激しいステップを行うことです。

c0130091_13280227.jpg

重たい楽器を持ってステップを刻むだけでも大変なのに演奏まで・・・
彼女たちのパフォーマンスの凄さの裏にはすざましい努力があったと思います。(今は共学なので数名男子もいますね、すみません。)
youtubeにたくさん動画がアップされていますので是非見てみて下さい。
彼らの代名詞でもある「sing sing sing]は圧巻です。
元々マーチングバンドは軍楽隊から派生した「統制のとれた凛々しい演奏」が基本なのですが、彼女たちの演奏はまさにエンターテイメントで見るものを魅了します。

c0130091_13280787.jpg


様々な会場での演奏がありますがオススメはアメリカのディズニーランドでのパフォーマンスと2012年、2018年のローズパレード(9kmも行進する。)でのパフォーマンスです。 

c0130091_13281008.jpg


c0130091_13281552.jpg

c0130091_13281850.jpg


それ以外にも沢山オススメはありますが、とにかく一度見たらハマること間違いなしです。
足の悪い子が他のメンバーと変わらないパフォーマンスをしたり、新一年生がうまく演奏できずに悔し涙を流したり・・・

c0130091_13282211.jpg


プロじゃないんです。高校の部活動なのに見る人を笑顔にして元気をくれる。
そんな京都橘高校吹奏楽部をこれからも応援したいと思います。

c0130091_13282625.jpg


c0130091_13283102.jpg

P.S.福山雅治さんの「甲子園」という高校野球のテーマソングではコラボしてたりします。

c0130091_13283648.jpg


▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
公式ウエブサイトURL http://www.nikikai.com/


# by nikikai_sapporo | 2019-08-06 13:32 | Dr.森本 光一
『特定非営利活動法人日本臨床歯周病学会第37回年次大会の報告』
 佐藤 禎

 令和元年6月23、24日に、武田朋子理事長、今村琢也大会長のもと、札幌コンベンションセンターにおいて特定非営利活動法人日本臨床歯周病学会第37回年次大会が開催されました。全国各地からの参加者は1400名を超え、盛会のうちに終えることが出来ました。
 私は実行委員長として、この大会を運営する立場で奔走する日々を送りましたので、その報告をいたします。
 今大会のメインテーマは、「歯根膜を活かす 〜We save teeth more and longer〜」でした。
 このテーマのもと、歯科医師セッションでは、歯科医師教育講演の基礎・診断編、シンポジウムでは応用・臨床編を行い、関連性を持たせた企画を行いました。歯科衛生士セッションでは、シンポジウムを基礎と臨床の先生が対話形式で発表を行い内容をわかりやすく伝えるよう努め、教育講演では基礎と臨床をスペシャリストの先生にわかりやすく講演していただきました。その歯科衛生士教育講演では、私は座長も行いました。

c0130091_13540436.jpg

c0130091_13541093.jpg

 さらに今大会では、今までケースプレゼンテーションの中で行われていたインターナショナルセッションが、一つのセッションとして独立して行われました。本学会では初めての通訳無しの独立セッションでありましたが、会場には多くの先生に集まりいただき、大変盛況でありました。それに伴い、プログラム・講演抄録集の英語表記も大幅に増加し、本学会のさらなる国際化に貢献できたと思っております。

c0130091_13541428.jpg

 ポスターセッションでは、プレゼンテーションの時間が他のプログラムと重ならないようにしたため、会場が狭く感じるほどの大変盛況でありました。

c0130091_13542092.jpg

 ランチタイムセッションでは、毎回好評の企業ランチョンをはじめ、歯周病認定医限定プラチナム講演会、認定衛生士限定講演CECプラチナム、歯周治療アドバンス講習会や北海道独自の企画であります治療計画セミナーも行われました。それぞれが大変好評であったため、事前登録されていない方が学会当日に聴講を希望され、入場制限が必要なるという事態も起こりました。
 市民フォーラムでは、北海道に大変ゆかりの深いお二人、古市保志先生(北海道医療大学教授)と三國清三さん(オテル・ドゥ・ミクニ・オーナーシェフ)にご講演をお願いし、多くの市民の方々が熱心に聞いておられました。お二方ともご多忙のなか、講演の準備等大変精力的にご協力下さり、盛会の中無事終了する事が出来ました。

c0130091_13542605.jpg

 また、大会初日終了後に札幌グランドホテルで開催された懇親会も、予想を超える400名もの参加をいただき、大変盛り上がりました。懇親会の催しでは、よさこいソーラン祭りの北海道を代表するチーム「平岸天神」に迫力のある演舞を披露していただき、参加者の皆さんはその演舞から元気をもらっていたようでした。毎回懇親会は旧交を暖める方、新しい出会いを満喫されている方などそれぞれが楽しいひとときを過ごされました。
 今回の企画運営では約2年前から、演者や会場、協賛企業などの決定などたくさんの準備をしてきましたが、いざ始まってみれば、前日の役員会を含め3日間の大会期間はまるで夢のように一瞬で過ぎ去ってしまいました。
 7年後にまた北海道で大会が行われます。この大変さをまた繰り返すのかと思いますと気が滅入りますが、きっと学会北海道支部の若手先生たちが育ってくれて、支えてくれると信じています。


▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
公式ウエブサイトURL http://www.nikikai.com/



# by nikikai_sapporo | 2019-07-21 13:52 | Dr.佐藤 禎
こんにちは、工藤諭と申します。
今月の担当です。よろしくお願いいたします。

さて、今回は平成から令和にかけて、もう二度とないであろう大型連休を利用し、家内と二人で香港への小旅行に行ってきた道中記を載せようと思います。
私の香港に対する感覚は、Gメン75、ブルース・リー、テレサ・テン、サモハン・キンポーでしょうか。
しばし、おつきあいを。

4月某日、近所のバス停から新千歳空港行きのバスに乗り込み90分、ようやく空港に到着した。
到着後、フードコートで腹ごしらえの予定なのに、反対方向の国際線ターミナルに行ってしまった。空港職員に聞いたところ、フードコートは300m以上向こうですと・・。
いきなりのウォーキングである。カミさん、ごめん。
腹ごしらえが終わり、ようやく国際線ターミナルへ。

日本の空港で香港ドルに替えておこうと思い立ち、両替所へ。香港ドル売り切れの表示。
私、「香港ドルはもうないのですか?」
店員、「今換金した人がいて、1000ドルぐらい有りますよ。」
1000ドルと聞いて一瞬ひるむ。10万円!(米ドル)
しかし、香港ドルは1ドル14円くらい。14000円である。
急に気持ちが大きくなり、「全部下さい!」と、豪語。
店員、「最近、偽札が出回っているようなので、香港で両替するときはきちんと確認して下さい。」
何を基準に確認すればいいのか。初めて見る香港ドル紙幣を。
私、「この紙幣は偽札ですか?」
店員、暫し無言。
店員、「大丈夫です。」何を根拠に・・。玄人だから信じる。
(シェイクスピアのマクベスの様なト書きも終わり、本筋に戻る)

出国審査も終わり、搭乗ゲート付近の店をブラブラ。
二期会の職員に出会う。
職員、「先生、どちらに行くんですか?」
私、「香港だよ。」
職員、「えー、いいな。」
私、「どこに行くの?」
職員、「韓国です。」
どちらの国にも行った事の無い私には、「いいな」の意味が分からなかった。
そして、空路香港へ。飛行時間は4〜5時間。時差は1時間(日本より遅い)。

香港国際空港(正式名称は長いので割愛)に到着。第二ターミナルに到着し、入国審査のために第一ターミナルへMTR(地下鉄)で移動。ビックリ。
無事審査を経て、快速エアポートのようなヤツで市内に移動。
九龍駅からハリーポッターのナイトバスのような運転の送迎バスでようやくホテルへ。

c0130091_16140092.jpg
c0130091_16140880.jpg

なかなか奇麗な部屋だった。ただし、ウォシュレット無し。冷蔵庫の温度が下がらず、ぬるぬる。
朝、部屋の窓から見えた香港島の景色。

c0130091_16141457.jpg

4月後半から雨期に入り、私の心のように日々どんより。
ホテルのラウンジで朝食を摂り(クラブラウンジってヤツ。これが中々優れもの)午前中は繁華街散策。(チムサーチョイっていう九龍半島にある繁華街。有名なのがネイザンロード)
昼食は奮発して香宮という広東料理の店。なかなか絶品。(今回は食べログ無し)
夜、オープントップバスで市内観光。(バスから見るだけ。降りると危険な場所も有り)

c0130091_16142808.jpg

ギリギリ雨も降らず、楽しいドライブだった。看板だらけのネイザンロードを疾走する触れ込みだったが、ドラゴンの映画の時代とは違い看板自体が激減。夜になっても絶えない人波を鑑賞。


翌日もラウンジで朝食を摂り、いざマカオへ。
高速船でマカオまで、小一時間。(手続き上は、香港出国、マカオ入国。パスポート必要)ようやく、到着!
フェリーターミナルはまあ、ましなビルだった。
ツアーの添乗員は、陳さん。異常に日本語が上手く、仲良くなってから聞いたのだが、横浜中華街出身で、お父さんは四川の父だった陳健民の先輩料理人らしい。納得。
なんと当日は、お忍びで(何でお忍び?)ポルトガルの大統領がマカオにいらっしゃっていたらしく、観光名所のセドナ広場が封鎖。うらむぜ、ポルトガル!

c0130091_16143762.jpg
c0130091_16145024.jpg
c0130091_16145740.jpg

バスでマカオ発祥の地、媽祖廟へ。海の守り神を祭るお寺さん。

c0130091_16150483.jpg


少林寺とかチベットのお寺みたい。
続いてマカオタワーへ。日本円で6万円でバンジージャンプが出来るらしい。

c0130091_16151010.jpg


昼食はマカオ風ポルトガル料理。(風っていうのが危険な感じ)
揚げ物中心。だんだん胸焼けしてきた。ポートワイン甘し。
食後はお待ちかね、カジノへゴー!ルーレットで2000円賭けて4000円儲けて、4000円賭けておしまい。せこい。博打は性に合わず。パチンコも競馬もしない。
行きと逆の行程で釜山港、もとい、香港に帰る。

夜はなんと、香港「なだ万」。なんでそこまでして和食行くかな?
素材はジャパン、給仕は香港。しゃぶしゃぶが手際悪し。セルフサービスでやると言って、給仕を遠慮してもらった。

翌朝もラウンジで朝食。朝からミニステーキを食らう。
夜までフリーなので、一度見学したかった李小龍(ブルース・リー)の銅像へ。ホテルから1分のところに有るのに、10分歩いて、また戻る。

c0130091_16152152.jpg

無事写真に収めて、MTRに乗って、対岸の香港島へ。地下鉄がとにかく混んでる。人口も人口密度も、観光客数も札幌の比ではないので、仕方ないか。
地下鉄を降りてから、二階建ての路面電車(トラム)でしばし移動。これといった目的地は無し。
アジアらしい商店街が目に留まり、散策。

c0130091_16152840.jpg

突き当たりのスーパーマーケットに潜入。昭和の香り漂うお店がずらっと並ぶ。
(この日はすでに令和)
アジアのおばちゃん達は、日本でも香港でもホーチミンでもパワー全開。大きな声で店員とやり取りし、落としどころを見つけて笑顔で購入。買い物かごからは長ネギがちょこんと顔を出している。現地の人の生活の一端でも垣間見ると、なんだかほっとする。少なくともアジアは同じ。
現地視察を終えて、しばし休憩。(どこでもビール!)

c0130091_16153507.jpg

横はカミさんのアイスティ。日本人が香港でベルギービールを飲む。オツなり。
MTRでホテルに戻って、暫し休憩。夜は四川料理と、シンフォニーオブライツ、スターフェリー、それと定番のビクトリアピークからの夜景コース。もちろんガイド付きツアーで、ほとんど駆け足状態。ビクトリアピークにのぼる名物ピークトラム(所謂一つの登山電車)は、定期点検中で運行中止中のため、バスで山頂へ。かなり商業化された山頂である。藻岩山と箱館山を足して二倍したくらいの豪華山頂展望台である。

c0130091_16154302.jpg

行いの悪さか、またしても曇り時々雨。雨期に行ったのだから、当然か。
最終日もラウンジで朝食を摂り、チェックアウトをして香港国際空港に向かう。
空港でチェックインに手間取り、出国手続きを終えて、またしてもビールで寛ぐ。なんと搭乗口は第二ターミナル。慌ててMTRに乗り込み、ギリギリで飛行機に搭乗。出発10分前、最後の客だった。新千歳に着き、空港連絡バスで自宅近所のバス停へ。
蒸し暑い香港から、清涼感のある札幌へ。
東京とも、大阪とも違う、パワー漲る大都会であった。長い事イギリス領だったため、都市機能やシステム的には普通の資本主義で、そこそこ民主主義だった。(日本との比較は割愛)
結局Gメン75とテレサ・テンの思い出には絡まなかった。(サモハン・キンポーは手形を拝見した)

待ってろよ香港!次は倍のビールを飲んでやる。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
公式ウエブサイトURL http://www.nikikai.com/



# by nikikai_sapporo | 2019-06-01 13:45 | Dr.工藤 諭