歯科医師が綴るコラム集やお知らせなど【二期会歯科クリニック】札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F/TEL:011-251-2220


by nikikai_sapporo

<   2017年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

こんにちは。今回は森本が担当いたします。


c0130091_12254933.jpg

 秋の夜長にチビチビ酒を飲みながら、最近のお気に入りでつまみ?がわりに見ているテレビ番組を紹介します。その番組は「孤独のグルメ」というもので1994年に雑誌で連載されていた漫画が2012年のseason1から2017年のseason6まで毎年深夜ドラマとして放映されていたものです。


c0130091_12260268.jpg

主人公の井之頭五郎は個人で輸入雑貨を扱っており、下戸で甘党。
ドラマ冒頭は商用で街を訪れた様子が描かれ、仕事がひと段落した所で「なんだか腹が減った。よし、店を探そう。」


c0130091_12261435.jpg

・・・と近場でふと立ち寄った店(食べ物屋)で、とても美味しそうに食べる姿を料理のうんちく抜きで心理描写とともにただただ見せるだけというドラマ、というよりドキュメンタリーのような番組です。登場するお店や料理は全て実在し、スタッフが自分の足で探し出したもので、店側からの売り込みには一切応じていないそうです。番組内での主人公の健啖ぶりが深夜の視聴者の食欲を刺激し、「夜食テロ」の名声とともに話題になりました。主人公を演じる松重豊さんは189cmの長身で、様々な役を演じる個性派俳優として有名ですが、この番組が連続ドラマ初主演で、ドラマの設定とは逆で小食で酒好き、おまけに甘いものは苦手だそうです。なので撮影に合わせて絶食して美味しく食べれるようにと役作りをしているそうです。


c0130091_12262526.jpg

松重さんはseason3で辞めるつもりだったそうですが、あまりに美味そうに食べる食いっぷりから「次はいつやるの?」と年配のファンから言われ、人間ドッグにもひっかからなかったため、継続を決めたそうです。お店のある場所は、主人公の仕事の打ち合わせ先の近場ということから関東の店がほとんどですが、出張編や特別編として旭川、仙台、博多、そして台湾等がありました。「孤独的美食家」という台湾版があるため現地で台湾版の主役の役者さんと共演というエピソードもありました。


c0130091_12264278.jpg

料理の種類も和・洋・中、タイ、インド、ベトナム料理等様々で、原作ではダメな店や料理といった失敗エピソードもあるのですが、テレビ版では実在のお店なのでハズレはありません。ただ、食べる量がだんだんと「吾郎さん食べ過ぎ、お金使いすぎ問題」とネットで話題になるようになっているのが心配です。
 もう一つの番組は、2015年から放映され「女性版孤独のグルメ」と言われている「ワカコ酒」です。こちらも漫画が原作です。呑兵衛女子26歳のOL村崎ワカコが女ひとり酒を堪能する番組で、こちらは美味い酒の肴とそれに合うお酒を求めて仕事帰りに(休日は昼間から)お店に足を運ぶという物語です。


c0130091_12265680.jpg

主人公村崎ワカコを演じる武田梨奈さんは、一見清楚な美人系なのに実は空手2段の黒帯というアスリートなのです。アクション系の役がほとんどだった武田さんの初めての連続ドラマ主役がこの番組であるという点が松重さんと同じで、この作品で今後ますます活躍されそうです。ワカコ酒の決め台詞?となっているのが、酒のつまみと飲んだお酒が自分の感性と一致した時の満足感から吐き出される「ぷしゅ〜」という台詞(ため息?)ですが、本当に美味しいものに出会った時に思わず出てしまうんだろうなと羨ましくなります。

c0130091_12270854.jpg

小ネタとしては、孤独のグルメのseason1の第6話のトンカツ屋の店主とワカコ酒での行きつけの居酒屋の大将が同じ役者さんだったりします。 

 これらの番組の他、海外から日本に初めて来た人が寿司や天ぷら、ラーメン等を「なにこれ!信じられない・・・」みたいな感じで初めて食べる様子を映したネット動画等を見ながら酒を飲んでいると、ついつい酒が進んでしまいます。


c0130091_12271893.jpg

そのせいか寝る時にはかなり酒が回っていい感じなのですが、翌日の朝は当然二日酔いで重い頭を引きずって仕事の行く羽目になるのですorz…

でも懲りない私は、今日の夜も「孤独の呑んべい」となるのでありました。


▽総合的な治療が可能な歯科医院です
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220



[PR]
by nikikai_sapporo | 2017-10-24 12:30 | Dr.森本 光一