歯科医師が綴るコラム集やお知らせなど【二期会歯科クリニック】札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F/TEL:011-251-2220


by nikikai_sapporo

<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『最近のお昼ご飯から考えたこと』 

 椎間板ヘルニアで2度目の入院中、行きつけの店が閉店したこともあり、私の昼ご飯はおにぎりだけであった。退院してすぐは小食になっており、おにぎり1個。半年ぐらいしてからおにぎり2個となっていたが、運動不足と夜の暴食により太ってきたので、2つのおにぎりを1つに減らして、サラダにすることにした。

 サラダなら何となくヘルシーな気がした。

 通勤の途中にあるコンビニでサラダを買ってみた。サラダのパッケージにはドレッシング別売りのシールが貼ってあった。

c0130091_23172648.jpg

 サラダはカロリーの一番低いフレッシュ野菜サラダ、ドレッシングは5種類の中から私の好きな焙煎ごまを選んだ。

c0130091_23174317.jpg

 おにぎりはわかめごはん。

c0130091_23181153.jpg

 これでカロリーはおにぎり2つよりかなり低く抑えられたと思ったが、ドレッシングの小さな袋の裏のカロリー表示をみて驚いた。

c0130091_23182447.jpg

 わかめごはんが163Kcal に対して、サラダは28Kcal+123Kcalで合計151Kcal もあったのである。心配になった私は、どのドレッシングがどれくらいのカロリーなのか、そのコンビニにある5種類のドレッシングをすべて購入して比べてみた。

c0130091_23184520.jpg

 左からカロリーの高い順に並べた。
 左から123Kcal、122Kcal、100Kcal、74Kcal、25Kcal であった。さすが青じそはノンオイルで、最低あった。

 同じ25g の量で、家にあるドレッシングと比べてもみた。ピエトロドレッシング和風しょうゆが120Kcal、キューピー深入りごまドレッシングが103Kcal 、リケンのノンオイル青じそが15Kcal であった。参考にキューピーマヨネーズは166Kcal 。なんとマヨネーズが一番高かった。しかし、NEWキューピーハーフは本当に半分のカロリーで81Kcal、何となく安心である。

 やはり味が濃くて、美味しいと感じるものはカロリーが高いのであろう。

 ここから考察、ちょっと飲み食いするとどうなるか?

 ビール中ジョッキ(500ml)は約200Kcal、唐揚げ3個(100g)は約300Kcal、ウインナー6本(100g)も同じく約300Kcal であった。
 これだけ食べてビールを2杯飲んだとするとちょうど1000Kcal になり、これは30歳、体重50kgの女性の基礎代謝量と同じになる。基礎代謝の約30%程度上乗せした量が1日に必要なエネルギー(cal)と言われているので、同じ人で計算すると約1400Kcal であり、夜の暴飲暴食がいかにカロリーオーバーであるかがわかる。

 私は、朝食(ご飯1膳、おかず少々)で約300Kcal、昼は上記のようにおにぎりとサラダで約400Kcal 弱なので、たいしたカロリーはとっていないにもかかわらずお腹ポッコリなのは、やはり夜の食べ過ぎと夜のビールであろう。

 先日、テニス部の先輩が道外から帰札したので一緒に飲みにいったが、彼はジムに通ってゴルフもして引き締まったいい体をしていた。また、運動している人は見た目にもかっこいい。

 結論として「美味しいものをたくさん食べたかったら運動しろ。」ということだろう。

 腰椎をボルトで固定する手術をした私は、テニスも止め、ゴルフも腰に悪いと言われ、今やりたいスポーツが見当たらない。だからジムに通うことにした。ただ、通い続けるモチベーションをキープするのが大変なのである。

 ついこの間、いつものコンビニの同系列別店舗でドレッシングの古いパッケージを見つけ、2つだけ入手した。最近パッケージを変えたらしい。写真の左が古い方、右が新しい方である。

c0130091_23190307.jpg

 古い方より新しい方が美味しそうに見える。しかも新しい方のオモテ面にはカロリー表示がない。これならシーザーサラダドレッシングが94Kcal もあることも知らずに買わせることができる。上手い商法だと関心したが、「そんな小さなことを気にしなくてもよい体になれよ。」と言われているような気がした、今日このごろであった。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220



[PR]
by nikikai_sapporo | 2016-10-20 23:16 | Dr.佐藤 禎