歯科医師が綴るコラム集やお知らせなど【二期会歯科クリニック】札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F/TEL:011-251-2220


by nikikai_sapporo

<   2016年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『震災と口腔ケア』

 2016年4月14日、東日本大震災以来の大きな地震が熊本で起きました。先月も震度5クラスの地震がたびたび起きていて、避難されている方も未だに6000人を超えているようです。

 震災に関連する報道番組の中で、避難所で活動している歯科医師や歯科衛生士が取り上げられているものがありました。

 みなさんは避難所での歯医者の活動は、どのようなものだと思いますか?
急に痛くなった虫歯の治療、無くしてしまった入れ歯の新製などかもしれませんが、その番組で取り上げられていたのは、口腔ケアによる肺炎の予防についてでした。

 現在、日本人の死因は、1位がん、2位心筋梗塞に次いで、3位肺炎となっております。また肺炎で亡くなる方の95%以上を高齢者が占めることから、肺炎の予防はこれからも高齢化が進む日本の大きな課題になると考えられています。

c0130091_14131163.jpg

 歯科に関連する肺炎に誤嚥性肺炎という病気がありますが、聞いたことはあるでしょうか?

 誤嚥性肺炎というのは、口腔内の唾液や細菌が誤って肺に入り込むことにより起きてしまった肺炎のことで、その予防には歯科も大きく関わっています。

 通常、唾液を飲み込んでも肺に唾液や口腔内の細菌が入ることはありません。みなさんも飲み物や食べ物が気管に入ってむせてしまうことがあると思いますが、誤嚥とはそのような時を指します。

 もちろん健常人が誤嚥したからと言って肺炎になるわけではありませんが、細菌への抵抗力がおちている高齢者の場合は肺炎を起こしてしまう危険性が高まります。さらに歯磨きなどによる口腔ケアが不十分な場合は、唾液に含まれる細菌数も増えるため、より一層リスクが高まってしまうというわけです。肺炎で亡くなる方のうち、誤嚥性肺炎で亡くなる方は70歳以上で70%と言われています。

c0130091_14132024.jpg

 震災の長い避難生活では、ストレスや疲労から免疫力が低下すること、また物資不足などの影響で歯磨き等の口腔ケアの頻度も低下してしまうことから、高齢者では誤嚥性肺炎のリスクが高くなってしまうと考えられます。

 1995年に起きた阪神大震災の関連死921人のうち約24%を肺炎が占め、その多くが誤嚥性肺炎とみられるという報告もあり、東日本大震災でも危険性が指摘されていました。今回の報道番組で取り上げられていた先生方は、まさにこの誤嚥性肺炎を予防するために活動されていました。

 地震と芸能人の不倫騒動には事欠かない最近の日本列島ですが、近い将来に南海トラフ大地震が起きるとされ、被害予想は目も当てられないような数字ばかり並んでいます。芸能人の不倫はさておき、現在の科学で地震を防ぐことはできませんが、うがい、歯磨き、義歯の洗浄等の口腔ケアによって避難生活での肺炎の発症リスクを低下させることは十分可能です。

 少し暗い話題になってしまいましたが、口腔内を清潔に保つことは全身の健康状態を維持するのに一役買っています。口腔ケアは、虫歯や歯周病予防の基本でもあるのでその重要性を再認識し、日々のモチベーションアップに役立てて頂けたらと思います。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
[PR]
by nikikai_sapporo | 2016-07-02 14:11 | Dr.工藤智也