歯科医師が綴るコラム集やお知らせなど【二期会歯科クリニック】札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F/TEL:011-251-2220


by nikikai_sapporo

<   2016年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

タイトル:「読みにくい字」を・・

 現在、仕事のなかで「字を書く」機会がとても多いです。どれほど多いのかというと、先生にもよると思いますが、僕の場合は、約10日でボールペンの芯が1本なくなるくらいのペースです。ドクターが診療中に記入しなければならないものは、診療録(カルテ)をはじめ、歯科疾患管理や補綴物管理の用紙、技工指示書、診療情報提供書など、多々あります。

 最近は、電子カルテをメインに用いている医院が増えてきています。電子カルテは、カルテの保管場所をとらないなど様々なメリットがあります。しかし実際、問診事項から口腔内所見、治療内容、さらに図示が必須の手術所見などを細かく書こうと思えば、手書きでなければ難しい点が出てくるのも事実です。そして、これらカルテを書くなどの行為は、限られた時間内で患者さんを同時に2人、多いときは3人診ている状況下で、麻酔後や、型取り材料の硬化を待っている間、といったわずかな時間に記入していく必要があります。

 そうなると、個人的にどうしても書いた文字が崩れてしまいます・・・。

 少しでも丁寧に書こうとは思っているのですが(本当です)、気づいたらペンが早く走ってしまっています。その結果、もともと美しい字が書ける人間ではないので、余計に他人が見て、「読みにくい字」ということになってしまいます。そこで、主に単語に関してですが、少しでも画数が少なく早く書け、かつ見やすいよう英語を使える部分は英語(筆記体、略称)で書くようにしています。そうすると、少しはカルテがすっきり綺麗に見えます(気がします)。

 2016年、「美文字」は無理ですが、これ以上字が崩れないように維持、改善していければと思っています。僕が書いた用紙をお渡しする機会のある患者さんをはじめ、担当衛生士、受付の皆様、私の「読みにくい字」をどうか暖かい目で解読してやって下さい。お願いします。頑張ります。


▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
[PR]
by nikikai_sapporo | 2016-01-12 17:14 | Dr.池田高明