歯科医師が綴るコラム集やお知らせなど【二期会歯科クリニック】札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F/TEL:011-251-2220


by nikikai_sapporo

<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「トリスをのんでハワイに行こう」

c0130091_1175113.jpg

c0130091_118263.jpg

 このフレーズを聞いて「懐かしい」と思う方は昭和の人間ですが・・・。
両親とも「いける口」だったので、物心ついた時から酒は身近な物でそれなりに口にはしていたのですが、本格的に(笑)飲み始めたのは大学入学後でした。当時はお金も無く、うまい酒ではなく酔える酒ということで焼酎等を飲むことが多く、あまりこだわりがなかったのですが(今でも飲み会等では翌日のことも考えて焼酎が多いです)、最近うまい酒が飲みたいなと思ったときに選ぶ酒はウイスキーになっております。それまでのウイスキーに対するイメージはあまり良いものではなく、辛い、臭い、きついといった感じだったのですが、最近はウィスキーの琥珀色の世界にはまっております。

c0130091_1181192.jpg

 酒は大別すると醸造酒と蒸留酒に分けられ、醸造酒は穀物等の原料を酵母により発酵させて作られる物で、アルコール度数は4~20%くらいでビールやワイン、日本酒がこれにあたり原材料の色、香りや風味が味わえる物です。蒸留酒は醸造酒を加熱して蒸留することによりアルコール度数を高めた物であり、ウイスキーやウオッカ、焼酎、ジン、テキーラ等がそうです。蒸留により原料の風味は薄くなるので、薬草や果物などで色や香り付けしたものもあります。ウイスキーも蒸留直後は透明なのですが、「樽」に入れて熟成させることによりあの琥珀色の液体となるのです。

c0130091_1182154.jpg

c0130091_1182947.jpg

 樽による熟成は長期にわたり、その熟成度も樽ごとに異なるため品質を維持することは大変なことなのですが、これが銘柄ごとの特徴となるのです。現在イギリス、アイルランド、アメリカ、カナダそして日本で作られているウイスキーが世界の五大ウイスキーと呼ばれており、近年では日本のウイスキーが世界的な品評会で連続して優勝するなど確固たる地位を得ております。

c0130091_1184140.jpg

c0130091_1185015.jpg

 日本のウイスキーの歴史はちょっと前の朝のドラマ「マッサン」でも描かれていました。ニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝がイギリスの蒸留所で修行したことが原点であり、その製法はスコッチウイスキーに準じたものですが、日本人の勤勉さと繊細さがウイスキーを更に美味しくしたのだと思います。

c0130091_119176.jpg

c0130091_119911.jpg

 面白いのがサントリーとニッカ両社の方向性で、前者が「滑らかさとバランス」なのに対して後者は「コクと力強さ」であり、飲み比べるとこれがまたどっちも「旨い!」。ストレートで味わうと長期熟成による角の取れたまろやかさと香りの奥深さ、心地よい余韻が残ります。さらにストレートウィスキーにほんの数滴の水を加えるだけで、香りと味の広がりががらりと変わったりするので本当に奥が深いなぁと感じております。(酔っぱらってしまうとそんなこともわからなくなってしまうのですが・・・)もちろん他の国のウイスキーも原料や仕込み方が異なるので日本のウイスキーにはない個性があり、それを味わうのも楽しみの一つです。

c0130091_1191837.jpg

 そんな旨い酒を一人で物思いに耽りながら味わうというのは幸せな時間なのですが、先の朝ドラや海外の人気もあって最近お気に入りのウイスキーが品薄で手に入らないのが悩みの種です。(仕込みから熟成を経て出来上がるので、いきなり増産は出来ないのです。)その代わりやっと手に入れた一本をちびりちびりと飲むのも一興かなと思う今日この頃です。

c0130091_1192880.jpg


▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
[PR]
by nikikai_sapporo | 2015-12-20 11:14 | Dr.森本 光一