歯科医師が綴るコラム集やお知らせなど【二期会歯科クリニック】札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F/TEL:011-251-2220


by nikikai_sapporo

<   2014年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『軍師 黒田官兵衛』 

c0130091_4541622.jpg

 今、大河ドラマ「軍師 官兵衛」が放送されています。今回はドラマの主人公、官兵衛について感じたことを書きたいと思います。

 時は戦国時代、黒田官兵衛は播磨国、姫路で生まれます。播磨の小大名・小寺家の家老だった官兵衛は、織田、毛利の二大勢力に挟まれた状態の中、情報分析し、織田信長に付くのが有利であると毛利派の大勢を押し退け、当時の主君、小寺政職を説き伏せます。そして、官兵衛は羽柴秀吉を介して織田信長に接近し、中国攻めの先鋒を買って出ます。信長の覚えめでたく、中国攻めの大将 羽柴秀吉の軍師として加わり、毛利一門を苦しめ、中国地方を次々と浸食していきます。その後に起きた本能寺の変では、取り乱す秀吉に「毛利と和睦し、光秀を討つべし」と助言し、中国大返しからの山崎の戦いで勝利、信長亡き後の主導権を獲得させ、ついに秀吉を天下人へと導いた稀代の軍師というのが官兵衛の印象だと思います。

 しかし、官兵衛は天下を狙う野心家で、秀吉や家康に取って代わって天下を狙っていたのでないか?という見方をしている本を度々みかけます。更には部下からも慕われ、知略、行動力があったにもかかわらず、天下取りへの「覚悟」がなかったことから「二流の人 (坂口安吾:作)」と題した本まで出ています。注目される人だけに様々な説が流布しているんですね。

c0130091_4541887.jpg

 例えば…、

 「賤ヶ岳の戦い、四国征戦、九州征戦、小田原城無血開城と、主要な戦いにはほぼ参戦して活躍したのに秀吉から見合う恩賞がなかった。」とか。

 「晩年の秀吉に『世に恐ろしいものは徳川家康と黒田官兵衛である‥‥』と警戒されていたとか。

 「関ヶ原大戦に乗じて九州を平定した後、中国地方を侵略し、徳川方か豊臣方の勝ち残った方と中央で雌雄を決して、黒田幕府樹立を狙っていた」などの話がありますが、史実ではそのような事実はみられないようです。

 真実はどうあれ、私は若かりし黒田官兵衛が小豪族小寺氏の家臣で終わるのではなく、自分自身がどこまで通用するのか試したかった、つまり野心があったと思います。だから信長に味方するべきだと訴えたのも、自分の才能を能力主義の織田家なら発揮できると踏んだ。外様にも関わらず出世していた秀吉を見て、第二の秀吉になれるのではと思ったのではないでしょうか?

 秀吉の与力になった官兵衛はその才能を開花させ、四国、九州平定後に豊臣家外様武将としては蜂須賀小六に次いで高い評価を得て、豊前国6郡の12万石の所領を与えられます。その後も活躍は続き、小田原城を無血開城させる功績を立て、関東の後北条氏を討伐、奥州の伊達政宗が恭順し、秀吉の天下統一を確実にさせます。しかし、官兵衛が最も輝いていたであろうこの時に家督を長男・長政に譲ってしまいます。

 この官兵衛の生き様を見ると中国の范蠡(はんれい)という軍師の生き方に似ているように思います。

 越国の勾践(こうせん)に仕えた范蠡は勾践が仇を討ち、中華の覇者になると直ちに地位も名誉も捨てて職を辞して、野に下ってしまいます。范蠡が同僚の文種(ぶんしょう)への手紙に「『蜚鳥尽きて良弓蔵せられ、狡兎死して走狗煮らる』(必要な時は重宝されるが、用がなくなればあっさり捨てられること)と聞いています。越王は苦難を共にできても、歓楽は共にできない人です。どうして貴方は越から逃げ出さないのですか。」と書いて警告します。范蠡は商人となって富豪になりますが、有名になり過ぎることは不幸の元だと財産を全て他人に分け与えて、成功した地を去り移住し、移住先でも商売を成功させ、天寿を全うしたそうです。ちなみに、文種は謀反の疑いをかけられ自害に追い込まれています。

多くの軍師と目される人物‥

楚の項羽に仕えた范増

漢の劉邦に仕えた韓信

魏の曹操に仕えた荀彧

・・・などは主君のために尽力したにも拘らず追放、粛清などの悲惨な最期を遂げています。

 秀吉の二軍師、「両兵衛」と並び称されていた竹中半兵衛から「秀吉に狎れるな、出すぎると、身を亡ぼす」という忠告を官兵衛は忘れる日はなかったそうです。家督を譲り隠居した後は秀吉から徐々に離れていきます。

 更に黒田家は目薬の製造販売によって蔵に備蓄の米俵が溢れ、裕福だったそうですが、官兵衛の暮らしは常に質素だったことを思うと、范蠡を真似たのではないか?と思ってしまいます。

 私の推測は置いておいて、絶頂の中で引き際を弁える。官兵衛の処世術に天晴れと感じた次第です。 その処世術は遺訓「人に媚びず、富貴を望まず」と共に長男・長政に受け継がれ、長政は福岡藩52万石の開祖となり、藩は幕末まで栄えました。

官兵衛の辞世の句「おもひおく、言の葉なくて、つひにゆく、みちはまよわじ、なるにまかせて」

「一流」「二流」も関係ない。「秀吉に天下をとらせ、自分の力を試せた」戦国の世を生き抜き、死ぬ前に思い残すコトはないと言った官兵衛の生き様を「二流」と嘲笑う人はいないでしょう。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
[PR]
by nikikai_sapporo | 2014-06-01 04:53 | Dr.大西 康友