歯科医師が綴るコラム集やお知らせなど【二期会歯科クリニック】札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F/TEL:011-251-2220


by nikikai_sapporo

<   2011年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「9・11 と 3・11」

c0130091_18125177.jpg


 ニューヨークのテロも衝撃的だったけれど、今回の3・11はその数十倍もこころに重たく覆い被さる出来事である。

 当日、札幌でもそれなりに気持ちの悪い揺れを長時間感じた。ニュースでは東北地方の震度が表示され、揺れはかなり大きいことを認識した。何人かは亡くなる人も出るのだろうと漠然と私は思った。しかしまだそのときは津波の被害など思ってもいなかった。懸念を遙かに超える3万人近い人々が亡くなったり行方不明になるなんて想像もできなかった。
 その後時間が経ち壮絶で悪魔のような映像が次々と放映されるにつれ、その深刻さがどんどん増し、被災地から遠く離れた私たちの気持ちまでも重たく支配し始めた。まさか・・最先端の科学技術を駆使したした現代においてもこれほどの猛威をふるう自然の力に出くわし、人類の無力さを知らされるとは・・映画や小説の世界では知っていても、現実になるとは思ってもいなかった。亡くなった方にはご冥福を祈り心より哀悼の意を表し、被災された多くの方々には自分なりに出来るだけの支援の手を差しのべたいと思っています。

c0130091_18131872.jpg


 更に追い打ちをかけるように原発事故のニュースが飛び込んできた。

 これは如何に想定外とか千年に一度の大地震であったとしても明らかに人災である。私はかねてから原子力発電には少なからず疑念を持っていたが、最近は心の隅でその現実を容認していた。それは電力会社と国による「安全キャンペーン」によるところが大きく影響している。それでつい・・きっと何があっても大丈夫なのだろうと、自分にも言い聞かせていた。

c0130091_18133816.jpg


 ところが・・現実は深刻になっていくばかり。目に見えない放射性物質が空中をさまよい、汚染水となって海を汚している。なぜこうなることが想定できなかったのか?せめて何重にも及ぶ冷却機能の保全だけは確保されるべきで、どんな事態にも炉心溶融だけは防止できるものでなくてはならないはずだった。
 誰が設計したの?誰が許可したの?これから数十年先まで国内のみならず世界中の人たちは放射性物質の見えない恐怖と戦いながら人体実験とも言えそうな未曾有の憂鬱な体験を強いられることになる。まさに人間の傲慢さから生じた自然に対するおごりとあなどりの結末である。
 この放射能汚染に関して報道は小出し小出しで、情報の信頼性には疑問を抱かざるをえない。海外メディアの評価を参考にして現実を見ていかなければならないと思っている。
 
 更に更に、現時点ではこの事故による直接的な健康被害よりも、日本全国の人々に現実に及ぼしているのは閉塞感から生じるパニックや鬱などの精神的被害である。これから起こるかもしれない目に見えない放射性物質の被害におびえ気持ちが暗くなり、何かをしようとする気持ちがだんだん無くなってくるとそれだけで体の免疫機能が低下し、健康のみならず経済にまで大きな影響を及ぼす。

 そんなこともあって最近の私はもっぱら『笑う健康法』を実践していますので皆さんにもお勧め致します。
***とにかく笑います。大きな声を出した方が良いけれど他に迷惑が掛かるときは声を殺してもかまいません。
その結果
(1) 脳が刺激され、それが神経へ伝わる。
(2) 神経ペプチドという免疫機能活性ホルモンが分泌。
(3) がん細胞の殺し屋として有名なナチュラルキラー細胞が活性化される。
(4) モルヒネの数倍もの鎮痛作用と快感作用のあるベータエンドルフィンなどのホルモンも大量分泌。
そして、笑うことによって身体が活性化され、免疫力がアップすると言われています。

 また、特に面白くなくても笑顔を作るだけで、脳は「楽しい」と認識して、本当に笑った時と同じような効果があります。気分的に笑えないときでも、多少は無理して笑うのです。

 しかし、これからの日本は第二次世界大戦後の復興のように大きな苦難を乗り越えてめざましい復活をすることは間違いありません。私もその日が少しでも早く来ることを夢想しながら今日の一日を頑張りたいと思います。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-222
[PR]
by nikikai_sapporo | 2011-04-08 18:11