歯科医師が綴るコラム集やお知らせなど【二期会歯科クリニック】札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F/TEL:011-251-2220


by nikikai_sapporo

<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『左利きの独り言』

 私が小さい頃「私の私の彼は、チャッチャッ左利きぃ~」という歌が流行った。

c0130091_6565649.jpg

 「彼」の意味が良く分からず、「私は私は俺は~」などと冴えない替え歌を口ずさんでいた。少したつと、「私ピンクのサウスポー」となった。

c0130091_6571468.jpg

ピンクってなんだ?俺は色は白いが腹黒いサウスポーだ!大体、左利きだのサウスポーだの最近ではレフティーってか?なんとでも呼んでくれ。(ぎっちょだけはやめて・・)
 初めて自分がぎっちょ、もとい、左利きと気付いたのは、4歳くらいのことじゃった。年子の兄とお揃いの野球のグローブを買い与えられた。それは当然の様に右利き用じゃった。

c0130091_6575455.jpg

めきめき上達する兄を尻目に、どうひいき目に見ても体か頭のどこかが悪いのかもと同情されそうな右投げ本格派の私であった。現に、かつて左利きを身体障害者と考える人・地域が多くあった。更には知的障害の一種の様に扱う人もいた。ところが私もめきめき上達したものがあった。右投げ用のグローブは左手にはめるのである。いわんや、利き手なのでキャッチングの上手い事上手い事・・。結果兄はピッチャー堀内、私はキャッチャー森、その後吉田の役割が与えられる事となったのである。攻撃時は違った。兄は3番サード長嶋、私は4番ファースト王である。ぶんぶん振り回すバット!もちろん左打席である。水を得た魚の様にぶんぶん振り回すバット!しかしはたと気づいたのは、兄と打席の位置が違う事であった。もしや投げる方も反対かと思い、恐る恐る左手で投げてみると・・。まるで醜いアヒルの子が白鳥になった様な気分であった。(今になって思えば)その後数年間、新しい左用のグローブを買うまで、右手に左手用のグローブを変なはめ方して使っていたのであった。

 また、こんな逸話もある。保育園のお遊戯会のとき、お米を研ぎましょのところで私だけが左手をぐるぐる回しているのである。あの子、左利き!というよりも、なんか不真面目に見えていたらしい。

 かくいう私も、箸と筆だけは右利き仕様である。もちろん、親の強制的矯正の賜物である。スムーズに導入出来ない分、箸やペンの持ち方をきっちり仕込まれ今となっては感謝している。鉛筆で筆記する際などは、左手に消しゴムを持ち、右手で書いたそばから消していけるのである。これなどまさにレフティーバンザイである。ただし字は汚い。

 そもそも、左利きはいったいどのくらいの割合で存在するのであろうか?一説によると古今東西問わず、成人人口の8~15%で男女比は男の方が多いらしい。インド・イスラム地域では今でも左手は不浄の手と考えているところもある。

c0130091_6581238.jpg

では、なぜ左利きが出来るのか?色々な説が出ては消え、未だに定説はないらしい。代表的なところでは、自然選択説なるものがある。元々同数だったものが、盾と剣を持つ位置が左右逆なため、左の心臓に致命傷を負いやすく自然に淘汰されたというものである。じゃあ、女性は男と同じくらい決闘したのか?アマゾネスのように・・。利き手の遺伝を前提とした説であるが、利き手は遺伝しない事は解っている。盾を使った地域はある程度限定されているが、レフティー出現率の地域差は無い。決闘の無い現代でも左利きは少数派であり増加傾向は全くない。その他、突然変異説(DNAなどの突然変異って、これって病気?ー左利きへのマイナスイメージ)、種の自己防衛説、遺伝説、矯正説、胎内で決まる説 etc・・。どちらにせよ、右利きが大多数のため日常生活をおくる上で不便を感じる事は多い。エレベーターのボタン、パソコンのテンキー、カメラのシャッター、自販機のコイン投入口、駅の自動改札機、とどのつまりは急須など。

c0130091_6585795.jpg


c0130091_6591866.jpg

ごく稀にレフティー優位な事もある。ゲームコントローラーの方向指示やジョイスティックなどは左手で操作する。もしかしてこれだけかぁ~。

c0130091_6593947.jpg

 スポーツの場合は、意外と重宝する事もある。ご存知、野球のサウスポーは数が少ないため、右打者の経験値が低く胸元に食い込む直球や、膝元に沈む変化球はかなり打ちづらいらしい。更に、左対左はもっと打者が難儀するらしい。ボクシングやフェンシングなども右利きの人は対左だとやりづらい。少数派の利点が出るのは、対人競技だけか?陸上競技はトラックが左回りである為、左が利き足の人には不利かも。

c0130091_6595548.jpg

 小耳に挟んだところによると、プロ野球選手で、左利きなのに右投げに矯正した変わり種がいるらしい。楽天・岩隈、ヤクルト・由規、巨人の坂本ちゃん、日ハム・ケンスケ、掛布、衣笠といったところか。

c0130091_701534.jpg

野手の場合なら、右投げの方が使い勝手が良いので何となく解るが、ピッチャーとなると首を傾げたくなる。まあ、それぞれに事情がおありの事だろうし、なんせ一流選手なんだから良かったね。
 私の仕事に関していえば、学生の頃、口腔外科の担当教官に、「外科医は右手を上手に使えて当たり前、如何に左手をうまく使えるかが鍵になる。」と教えられた。えっ、これってもしかして天職?ぎっちょパワー全開だぜ!天から一筋の光明、天使まで降りてきたのか!
 私「ぼ、ぼく、左利きなので左手使いには自身があります!」 
 教官「右手が上手に使える事が大前提。」
ガーン!!やっぱりね。世の中そうこなくっちゃ。
天から降りてきたのはやはり堕天使だったのか・・。
そうは言っても、現在やはり左手は、おおいに役立っている。歯の根の治療や歯石・虫歯の除去などは左右からアプローチ出来ることが、結構アドバンテージになっているかも。

 最後にうんちくを一つ。
「酒飲み」のことを「左利き」と言う。石細工の職人が左手でノミを持つ事から、「ノミを使う手」→「呑み手」→「左手」→「左利き」となったという。「左党」ともいう。私も大の「左利き」(そのままか?)
同僚には「左党」の「佐藤」もいる。
おあとがよろしいようで。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-222
[PR]
by nikikai_sapporo | 2011-03-07 06:50 | Dr.工藤 諭