歯科医師が綴るコラム集やお知らせなど【二期会歯科クリニック】札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F/TEL:011-251-2220


by nikikai_sapporo

<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

~アイヌ文化:「 口琴:Jew’s Harp」の音に魅せられて~

                 技工士:長尾 剛

 みなさん、口琴を知ってますか?金属、あるいは竹でできた弁を有する楽器の一種で、演奏者はこれを口にくわえるかまたは口にあてて固定し、その端を指で弾くまたは枠に付けられた糸を引くことによって弁を振動させて音を出します。
 原理としては原始的な弦楽器で、口の形、口腔の容積、舌の運動、咽頭や鼻腔の閉鎖、息遣いなどを変化させる事によって様々な音を出すことができ、メロディーを奏でることもでます。
 非常に原始的な楽器ですが、優れた口琴を制作するためには弁の振動制御、弁と枠の間隙制御といった高度な技術が必要です。口琴の歴史は古く、1000年以上前の口琴が国内で発掘された例もあります。特にユーラシア、東アジア周辺において多数見ることができます。
 日本で知られている口琴の代表的なものとして、先住民族であるアイヌのムックリがあります。そこで今回はムックリについて書いてみようと思います。

c0130091_2215507.jpg

 私が技工士になって20年以上経ち、年齢も40半ばになり、食べ物の好みも音楽の好みも変わってきました。そんな時、口琴奏者のハレダイスケさんのムックリ演奏を聴いて衝撃を受けました。それは今まで私の知っているムックリの音ではなく、倍音がすごくて、ふわふわとしたゆらぎ音(言葉では表現できない)音色でした。
 なぜか私も演奏してみたくなり、札幌駅周辺のおみやげ屋さんにムックリを買いにいったのですがどこにもない!!私が育った昭和のおみやげ屋では必ずムックリを売っていて、場所によってはムックリの音を流し続ける店もあったぐらいです。今はムックリよりモッコリらしい(マリモッコリ)・・・・?!私は札幌でムックリの買えるお店を調べました。その結果ムックリを販売しているのは、狸小路のおみやげ屋さんとサッポロピリカコタンと判明!そこでさっそく狸小路のピリカ民芸店で二本購入しました。しかし、鳴らそうとしてもなかなか鳴らない!そこそこ音がでるようになるまでには、一週間程の練習を要しました。

c0130091_22161946.jpg

そこそこ音が出るようになると、今度は実際に演奏しているのが聴きたくなり白老のポロトコタンへ!

c0130091_22164448.jpg

 やはり生演奏はすばらしい!!
 
 ムックリにはまって2ヶ月、今はムックリの名手と呼ばれる方々の演奏を聴いたり、
自分で演奏したり、気ままにムックリライフを楽しんでいます。
 ムックリは口琴なので歯が抜けていたり、歯並びが悪かったり、歯周病で歯がぐらぐらだったりするといい音はでません。ちなみに私は入れ歯を作る技工士なんですが、入れ歯でも口琴は吹けます。ムックリは薄くて小さいのでポケットにも入りますし、値段も500円前後です。みなさんも口腔内の環境を整えてムックリを吹いてみませんか?

 私が過ごした昭和のサッポロのように、あちらこちらでムックリの音が聞こえてくればいいのになぁ・・・・。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
[PR]
by nikikai_sapporo | 2010-10-30 08:06 | 技工士:長尾
「金管楽器と歯並び」

今回は、大西が担当します。

 前にテレビで「所さんの笑ってコラえて」の「吹奏楽の旅」を見ました。部員たちの吹奏楽にかける熱い思い、泣きながら演奏する様を目の当たりにして当時を思い出し、貰い泣きしてしまいました!

 私は学生時代、吹奏楽部に所属し、トランペットを吹いていました。入部当時、初心者だったにも関わらず、最初は全然やる気がなく、何となく(呑み部員として)参加していたのですが、大学3年を境にトランペットのピストンが壊れるくらい一心不乱に練習し、トランペットにのめり込んでいきました。

 そして、大学5年(歯学部は6年制なんです)の時に全日本吹奏楽コンクール全道大会(当時、落成したばかりのKitaraで演奏しました)に出場できて、大喜びしていたことを今でも鮮明に覚えています。

 さて、金管楽器をされている方はより良い演奏をするために、ただただ練習するだけでなく、より良いアンブシュア(口唇が楽器を介して音を作り出す行為)を確立するために腐心されていることと思います。

このアンブシュアに歯並び、咬み合わせが影響することをご存知でしょうか?

今回は、特に影響すると思われる因子とそれがどのように吹奏に影響するのかをお話ししたいと思います。

1、上下顎歯列の前後的関係の不調和

 下の図は理想的と思われる咬合です。

c0130091_23395879.jpg
<fig01:正常咬合>


 この咬み合わせの場合のマウスピースの方向はどうでしょうか?

c0130091_23413847.jpg
<fig02:正常咬合の模型1>

 
 fig02の状態ですと吹奏する際の気柱の方向が直線であり、より効率的でブレの少ない音色を奏でることができる上、吹奏位(楽器を吹く際の下顎の位置)まで顎を無理に動かす必要がなく、疲労も少ないのです。

では、下図のような咬み合わせだとどうなるでしょう?

c0130091_2342597.jpg
<fig03:上顎前突>        <fig04:下顎前突>


おそらく、マウスピースの方向は…、

c0130091_23445032.jpg
<fig05:上顎前突の模型>        <fig06:下顎前突の模型>


 上図のようになり、適したアンブシュアを構成することが困難と思われます。

fig05ではマウスピースが下方に、fig06では上方に傾斜し、気柱の方向を調整することが難しくなります。また、上下顎の前歯を接するような吹奏位へ下顎を移動し、維持することはかなりの疲労を伴うと推測されます。

このように上下顎歯列の前後的関係がマウスピースの上下方向の角度を決定し、吹奏に影響します。

*fig02、fig05、fig06は自分が予想する咬み合わせとマウスピースのおおよその位置関係であり、必ずしも図のようになるとは限りません。



2、歯並び[叢生(ガタガタ)など]の不正

c0130091_23452786.jpg
<fig07:正常咬合の模型2>


 上図のような正常な咬合の場合はマウスピースが前歯の真ん中に位置し、マウスピースが真直ぐになります。

c0130091_23455619.jpg
<fig08:叢生の模型>


 しかし、このような叢生(ガタガタ)が存在するとマウスピースは横方向(左右側)に傾斜します。

c0130091_23461725.jpg
<fig09:叢生>


 更に、上図のような口蓋側(内側)にある前歯はマウスピースに影響するだけではなく、下記のような吹奏困難な事例が起こると思われます。

1, リップスラー、トリル

2, タンギング、フラッター

3, 高音域の持続(早期のバテ)

4, ミス・トーンの発生


 僅かなガタガタが上唇の振動変化を起こし、演奏効果に大きく影響するので、上下顎歯列の前後的不調和、叢生、左右非対称な歯列フォームを改善するための矯正治療は大きな意義があると思います。もし、金管のみならず管楽器をされていて、あるいは管楽器をしようと思っていて歯並びを気にされている方、矯正治療するか迷われている方がいらっしゃいましたら、是非、ご相談下さい。

 そして、歯並び、咬み合わせに問題があるもののすでに管楽器をかなり長くされていて、今更、矯正治療をするのが億劫な方もいらっしゃると思います。そのような方も矯正治療とは別に、吹奏効果を改善することがある程度可能な場合がありますので、是非、ご相談下さい。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
[PR]
by nikikai_sapporo | 2010-10-07 23:46 | Dr.大西 康友