歯科医師が綴るコラム集やお知らせなど【二期会歯科クリニック】札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F/TEL:011-251-2220


by nikikai_sapporo

カテゴリ:Dr.林 聡氏( 10 )

「チワワと泊まれる宿」

 今回は林が担当いたします。

 以前、ブログで書きましたが、チワワを飼って今年で6年目に入ります。同僚の先生でチワワを飼い始めた先生もいますので、今回はチワワといっしょに泊まれる宿を紹介いたします。今の時期といえば、温泉宿が最高ですね。まず近場の定山渓温泉で良かったのは、「森の謌」という宿です。

c0130091_21232221.jpg

 ここは、部屋から出るとワンちゃんスペースがあり、くつろぎの場となります。

c0130091_21233378.jpg

 おっとチワワではありませんね。
 チワワはこちらです。
c0130091_21235264.jpg

 料理が大変美味しく、癒されました。

 次に紹介するのは虎杖浜温泉の「ふるかわ」という宿です。とても人気の宿で週末は予約が取れにくくなります。定山渓温泉の「ふるかわ」もそうですが、犬連れの客もとても大事に考えてくれている感じがします。

c0130091_21240471.jpg

 専用の玄関口があり、部屋直結です。
 大きな看板犬もいました。

c0130091_21241548.jpg

c0130091_21242517.jpg

 料理は地産池消の和食でとても美味しくお酒も進みました。
 温泉からは太平洋が望むことができ、犬連れでなくてもおすすめの宿です。

 最後に紹介するのは、函館の「男爵倶楽部」という駅前近くのホテルです。
ここは温泉ではありませんが、連泊して函館観光するのにはとても便利なホテルです。
キッチンも充実していて部屋でペットといっしょに食事もできます。
朝食は朝市から海鮮丼などを部屋まで頼むことができます。

c0130091_21244097.jpg

c0130091_21245589.jpg

 チワワと泊まれる宿が充実してきて大変ありがたいことですが、一般の宿泊客のご理解あってのことなので、マナーをしっかり守っていくことが大事であると思っております。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220


[PR]
by nikikai_sapporo | 2017-02-13 21:19 | Dr.林 聡氏
『創成川D.C.』

 先々月より、第2水曜日にJR札幌病院で行われている「創成川Dental Conference」という勉強会に参加させていただいています。

 この勉強会は創成川沿いにあるJR札幌病院の口腔外科の先生が主催され、「有病者の歯科口腔外科治療に関して」というテーマでJR札幌病院の他科の先生の基調講演が行われ、口腔外科の先生による症例呈示もあり、まだ2回ですが、とても勉強になりました。JR札幌病院と当院は地域医療提携をしていただいており、全身的に問題のある患者さんの抜歯や、当院では対処しにくい口腔外科部門の症例などの患者さんを紹介をさせていただいております。


c0130091_13393334.jpg

 今や超高齢化時代といわれ、当院の患者さんもご高齢(失礼します)の方がたくさんいらっしゃいます。高齢者の患者さんの問診票を診させていただくと、お薬を服用されている方が多くいらっしゃいます。

c0130091_13394686.jpg

 今問題になっているのは、患者さんが主に整形外科で骨粗鬆症により服用(注射薬の場合もある)しているビスフォスフォネート製剤というお薬であります。

c0130091_13395510.jpg

c0130091_1340453.jpg

このお薬を服用されている方はかなりいらっしゃるのですが、抜歯などの外科的侵襲により、非常に稀ではあるものの顎骨の壊死が起こることが問題となっております。

c0130091_13401289.jpg

ただ、患者さんが服用されているお薬はそれなりの必要性があって処方されていますので、当院での抜歯に際して処方医の先生と連絡を取り合い休薬の有無を決める場合があります。また、抜歯そのものを先程のJR札幌病院の口腔外科や大学病院の口腔外科に依頼することもあります。「創成川D,C.」の最初の勉強会は、このビスフォネート製剤関連の顎骨壊死の問題についてでした。
 また2回目の勉強会は、JR札幌病院のリウマチ科の先生の基調講演がありました。リウマチの患者さんにおける歯科治療の留意点、リウマチの患者さんが服用しているお薬の説明など、非常に勉強になりました。

 私の所属しております臨床歯周病学会でも歯周病と全身の関連について、ホームページで説明しております。

c0130091_13402211.jpg

 当院の医療理念は「 口腔の健康管理を通して全身の健康管理に関与し、患者の皆様のQuality of Life(クオリティ・オブ・ライフ) を生涯にわたり確保すること」にあります。これからも患者さん個々の全身状態も常に把握して歯科治療に務めていく所存です。そのひとつの手段として「創成川D.C.」には可能なかぎり参加しようと思っています。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
[PR]
by nikikai_sapporo | 2016-03-07 13:41 | Dr.林 聡氏
「フィギュアアート鑑賞」 

 先月、小樽出身でチェコスロバキアを拠点として世界で活躍している人形劇師の沢則行のフィギュアアート「オホーツク 終わりの楽園」を鑑賞してきました。

c0130091_11243834.jpg

 彼は高校の同級生で以前から陰ながら活躍を応援していて2年前の初演も鑑賞しました。

c0130091_11245030.jpg

 人形劇というと私の中では「ひょっこりひょうたん島」というイメージですが。

c0130091_1125367.jpg

 すみません、私の時代は白黒なのでこちらでした。

c0130091_11251544.jpg

 年齢がばれてしまいますね。

 沢氏は人形劇が独特の文化であるチェコで学び、今や世界で活躍し、最近は様々な分野のアーティストとコラボレーションを行ってきているとのことです。美智子皇后も彼の他の作品をご鑑賞されたそうです。

 今回のアートはオホーツク文化を題材にしたオリジナルストーリーで、札幌の人形浄瑠璃芝居あしり座との共演を能舞台で行い、古楽器の演奏もとりいれた興味深いものでありました。オホーツク文化とは6世紀から10世紀にかけてオホーツク海沿岸を中心に栄えた北方文化で、歴史のなかで姿を消してしまうのですがその理由や原因は解明されておらず、いまだに謎の多い文化とされているそうです。網走のモヨロ貝塚で発見された出土品の数々により、彼らが弥生文化や縄文文化の人とも異なり海を狩猟の場としてトドやアザラシを食料とする勇敢な民族であったことが想像されているそうです。

c0130091_11252648.jpg

 またその民族の歯の咬耗から皮をなめしていたこと(歯を道具として使っていた)や歯石の多さから高タンパク質主体の食生活であったことが推測されているそうです。私も網走で暮らしていたことがあり、モヨロ貝塚の存在は知っていましたがオホーツク文化については知識がありませんでしたので、今回、大変興味深くこれからも勉強していこうと思いました。

 沢君、すばらしいアートを見せていただきありがとうございました。これからもご活躍を期待しております。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
[PR]
by nikikai_sapporo | 2015-04-06 11:28 | Dr.林 聡氏
『続、学会報告』

 こんにちは。所属しております日本臨床歯周病学会が先の6月に名古屋で行われ出席してきました。
<学会HP http://www.jacp.net/jacp_web/index.html

c0130091_13584272.jpg

 木下先生のブログにもありましたが、今回は会場で症例発表を致しました。
「根分岐部病変を伴う広汎型慢性歯周炎の12年経過症例」という演題で発表を行いました。

c0130091_1359026.jpg

 関東支部の大八木先生に上の写真を送っていただきました。ありがとうございました。

 今回の学会のメインテーマは「再生へのかけ橋」で、歯周病に罹患した患者さんの天然歯に再生療法を行うことにより、なんとか保存していこうという主旨でありました。学会では諸先生方のすばらしい発表、講演があり大変勉強になりました。

 再生療法はある種の薬剤と自家骨(骨補填材の場合もある)を併用し、歯周病で失われた歯周支持組織を再生させようとする治療法ですが、適応の限界が当然ながらあります。

 今回の私が発表した症例は、再生療法を使った治療はしていませんが、歯周病の治療後、メインテナンスによりなんとか維持しているケースでした。メインテナンスは患者さんの協力が不可避であります。メインテナンスは定期的に来院することと、その間はご自分でのブラッシングなどのセルフケアが必要であります。なかには歯周病が悪化していくケースもあります。それでもメインテナンスをしっかり行ったケースの歯の喪失率は、しないケースに比べて明らかに違いがあります。

 今、当院では患者さんのメインテナンスの引き継ぎが多い時期になっておりますが、しっかりと実践していきたいと思います。


▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-222
[PR]
by nikikai_sapporo | 2014-08-05 13:59 | Dr.林 聡氏
「チワワのこと」

チワワを飼い始めてからもうすぐ2年になります。

娘のたっての希望で犬を飼おうということなりました。

何を飼うかで家族会議となり、(私は柴犬希望でありましたが)何度もペットショップに通った結果、チワワの子犬を飼うこととなりました。

生後2ヶ月未満の雌で「キキ」と名付けました。

c0130091_15153525.jpg

飼い始めてすぐに気管虚脱という犬特有の症状がでました。あひるのようにガーガーという声の発作が続きとても苦しそうで家族で心配しました。

今はほとんど症状もなくなり、ほっと一安心です。

c0130091_15161341.jpg

チワワというときゃんきゃんと騒がしいイメージがあったが、とてもおとなしい子です。

でも散歩は大好きで外の臭いが大好きです。

c0130091_15162278.jpg

遊びは大好きです。玩具とともに。

c0130091_1516312.jpg

歯ブラシは大好きで自分でやりますが、取り上げないとすぐボロボロになってしまいます。もう少しブラシング指導が必要です。

c0130091_1516416.jpg

最近は犬と一緒に泊まれるホテル、旅館も増えています。ありがたいことです。

c0130091_15165149.jpg

飼い主馬鹿です。先日、2歳の誕生日を迎えました。

c0130091_15165972.jpg

日々犬に癒されている毎日です。

先日、盲導犬が診療室にいるのを見て、あ、そうなんだなと思い、診療した次第です。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-222
[PR]
by nikikai_sapporo | 2013-09-03 15:18 | Dr.林 聡氏
「学会報告」

 こんにちは。所属しております日本臨床歯周病学会が先の6月に東京で行われ出席してきました。(学会HPアドレスは以下のとおり)
日本臨床歯周病学会
http://www.jacp.net/jacp_web/index.html

c0130091_13582010.jpg


本学会は今から30年前に、歯周病の治療に高い志を持たれた30名の先生方が中心となり 発足した学会です。今や3000名を超える学会となり、今回はその30周年記念大会ということで盛大に行われました。今回の学会のメインテーマは「天然歯を守るために。 歯周病 VS インプラント」というものでした。歯周病に罹患した歯を治療し、インプラントによって失われた歯を補うことは、有効な治療法だと思います。学会ではまず「患者さんの天然歯(自分の歯)を守るために、もう一度インプラントを見直そう」ということで国内、国外からの先生方の講演が行われました。患者さん個々に様々な対応を実践できるよう、改めて考えさせられました。

c0130091_1358621.jpg


来年の学会は札幌で行われます。メインテーマは「ペリオドンティスト(歯周病医)が歯を守る」というものに決まり、北海道支部の役員の先生方と準備を進めております。

c0130091_13582119.jpg



▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-222
[PR]
by nikikai_sapporo | 2012-08-05 13:59 | Dr.林 聡氏
「テナーサックス」

 先の4月のことになるが、かねてから手に入れたかったサクソフォーン(以降サックス)を購入した。小学生の時、3年間吹奏楽部に所属しクラリネットとサックスを担当したことがある。

 10年程前に念願のクラリネットを購入し、趣味で吹いていた。ところが昨年から小学生の娘が吹奏楽部に入り、クラリネットがすっかり娘のものとなってしまった。

 或る日、娘と一緒に楽器店にクラリネットのメインテナンスに行った時、サックスを実に38年ぶりに試奏室で吹かしてもらった。なんとすんなり音が出てしまい店員にもお世辞をいただき、また家内の後押しもあり、後日購入させて頂いた(こずかい分割払いです)。購入するにあたっては、アルトサックスにするかテナーサックスにするか非常に迷った。元々小学生の時はテナーサックスを吹いていたのだが、試奏室ではアルトサックスも吹けてしまい(音が出ただけです)、どちらを購入するかパソコンでいろんなプレイヤーを検索しながら決めることにした。

 アルトサックスは私にとっては花形のイメージがある。世界のナベサダ(ナベアツではありません)、検索中感動してしまった坂田明の「ひまわり」の演奏、最近では札幌発天才サックスプレーヤーの寺久保エレナと皆アルトサックスプレイヤーである。しかしながら当然私にはそんな技量のかけらもなく、朴訥と自分の声色(低い)のように吹きたくテナーサックスを選択した。

 テナーサックスプレイヤーで大好きなのは、80歳を超えていまだ現役プレイヤーのソニーロリンズである。

c0130091_18361631.jpg


 ところが購入してすぐに手指を痛めてしまい、仕事優先でサックスの練習を控えていた。最近、ようやく手指の調子が戻り吹き始めた所である。娘にはテナーサックスまでとられたくない。頑張ります。

c0130091_1836307.jpg


 以前、患者さんで私の作った前歯の仮歯の調子が悪く、サックスが吹きにくいという方がいた。サックスもクラリネットもマウスピースを前歯で固定して吹くためである。以前当院のブログで矯正科の大西先生が紹介していたように、歯並びと吹奏楽楽器は密接な関係があるのだ。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-222
[PR]
by nikikai_sapporo | 2011-08-05 18:36 | Dr.林 聡氏
~学会報告~
 こんにちは。先の6月末の話になりますが、所属しております日本臨床歯周病学会が京都で行われ出席してきました。当院からは佐藤先生が症例のポスター発表を行い無事大役を終えてきました。

c0130091_7562345.jpg

http://www.jacp.net/jacp_web/index.html

 さて今回の学会のメインテーマは「インターディシプリナリーアプローチにおける歯周治療の役割」というものでした。

c0130091_7565360.jpg


「インターディシプリナリーアプローチ」は聞き慣れない言葉だと思いますが、歯科におきましては「専門分野の連携をはかった総合的な治療」という意味合いになると思います。専門分野の専門医については正木先生が前回のブログでくわしく説明してくれました。今回、学会では歯周病患者へのインプラント治療の留意点、矯正治療と歯周治療の接点や問題点などの講演がありました。

 今やインプラント治療や成人の矯正治療も普通に行われておりますが、歯周病の問題を抱えたままでありますと必ず後で問題がおこります。また全身疾患との兼ね合い、例えば歯周病と糖尿病は相互に悪影響を与えていることが明らかになってきており、今後は医科と歯科の連携も必要になってくると思います。

 当院の「ごあいさつ」にもありますが、創業時のコンセプトがまさにそれであります。当院では勉強会、症例検討会等を通して各専門の知識を学びながら日々の診療に携わっている次第です。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
[PR]
by nikikai_sapporo | 2010-08-06 07:57 | Dr.林 聡氏
『サイモン&ガーファンクル』

 先日、サイモンとガーファンクルの札幌ドームコンサートに行ってきた。
実は前日まで行くかどうか悩んでいた。5歳上の姉の影響で小中学生の時に曲のほとんどを聴き傾倒していた。
しかしながら私の中ではすでにBGMのようになってしまった感があり、今さらという気持ちでコンサートに行くのをためらっていたのだ。
当日になり「こんな近くに来ているのに・・」と居ても立ってもいられなくなり、当日券を買いにドームに向かった。

 いよいよ入場となり会場の熱気に驚いた。一番多い年齢層はやはり団塊の世代か。
映画の『卒業』をリアルタイムで見ていた方々なのだろう。
そしていよいよサイモン&ガーファンクルがステージに。
曲が始まり3曲目で涙がでてきた。
夢のような時があっという間に過ぎ『明日に架ける橋』が今まさに目の前で奏でられている。

c0130091_959228.jpg

 ポールサイモンは近況を知っていたので安心していたが、アートガーファンクルははっきりいって不安だった。
だが日本公演最終日だというのによくあれだけ熱唱してくれた。
行ってよかった。

 BGMを悪いもののように書いてしまいましたが、BGMにはまた違う役割をがあると思っています。
歯科医院では歯の切削機材の音を和らげリラックスしてもらうようにBGMは必須であります。
当院のBGMでもみなさんのお気に入りだった曲がインストメンタルで流れることがあると思います。

でもそれに聴き入る余裕はありませんよね。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
[PR]
by nikikai_sapporo | 2009-07-28 09:59 | Dr.林 聡氏
「学会報告」

 歯周病の治療を主として一般歯科を担当している林です。

 私が当院に勤務いたしまして20年が経過しようとしています。長く通われている患者さんを見ると、共に年を重ねてきているなあと思う今日この頃です。(あと20年は頑張るつもりです)

 さて先の6月のことになりますが、所属しております日本臨床歯周病学会でポスター発表というものをやってきました。
 これが結構大変でありまして、症例をまずまとめ、それからポスター製作です。学会場でポスターを説明しながら発表します。全国の先生にああだこうだと(失礼)言われますので大変勉強になりました。ようやく終わったと思いましたら、今度は学会誌に原稿をまとめて投稿です。先日ようやくその作業が終わりホッとしている次第です。

 これがそのポスターです。(ポスターをクリックすると拡大のウインドウがでますので、興味のある方はじっくりご覧ください)
ポスター

 自己満足のようですが、このポスターは、努力と忍耐をもって患者さんと共に作り上げた「結果」と考えております。(当院医局の先生方にも大変お世話になりました)ちなみに内容は、重度の歯周病が患者さんの歯ブラシと術者による基本的な歯周病の治療のみで改善したというものです。
 インプラントが今や当学会でもよく取り上げられますが(もちろん治療のオプションとして欠かすことのできないものですし私も積極的におこなっています)、まず自分の歯を出来るだけ残すことが何よりということが、今回の学会でも話されていました。私もそう思って日々の診療に取組んでいます。

 時々当院のDr.が日程の都合で診療日に学会に出席することがあり、ご迷惑をおかけすることがあると思います。しかし学会で学んだことは必ずや患者さんに還元できるものと考えておりますので、これからもご理解いただきたいと思います。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
[PR]
by nikikai_sapporo | 2008-09-02 11:28 | Dr.林 聡氏