歯科医師が綴るコラム集やお知らせなど【二期会歯科クリニック】札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F/TEL:011-251-2220


by nikikai_sapporo

カテゴリ:Dr.正木 史洋( 6 )

~歯科矯正治療で使用する小さなネジ「アンカースクリュー」~

 歯科矯正治療で歯を移動させる場合、例えば上顎の前歯を後方へ移動させるには大臼歯(奥歯)から前歯にゴムあるいはコイルスプリング等による力を加えます。しかし、そのままですと前歯ほどの移動量ではないものの奥歯は前方へ動いてしまいます。そこで奥歯の前方への移動を望まない場合はヘッドギアとかフェイスボウと呼ばれる顎外固定装置(写真1)、あるいはホールディングアーチと呼ばれる口腔内固定装置(写真2)を奥歯に対して使用することになります。顎外固定装置は患者さんの年齢によってはその成長能を利用できるため非常に有効な装置ですが、着脱を自分で行うため毎日10時間以上の使用時間を守らなければ効果を期待できません。これに対し口腔内固定装置は口の中に装着したままですが、装置と粘膜の間にプラークが滞留することで口蓋粘膜の炎症を生ずることもあって長期間の使用は難しい欠点があります。

c0130091_7521381.jpg

c0130091_7522421.jpg

 患者さんの協力度に依存されず、また口腔衛生に大きく影響しない方法として、顎の骨を離断する外科的矯正治療で顎骨を固定する目的で開発された骨接合用ネジ(チタン合金製)を矯正治療で歯を移動する際の矯正力の固定源として流用した治験例が1990年に初めて報告されました。
 以来、欧米諸国に於いてはこの骨接合用ネジがアンカースクリューとして早期に薬事承認され、形態を改良して矯正治療における有効な固定源として臨床応用され、学術文献に使用例が数多く発表されるにいたります。我が国ではアンカースクリューとしての使用は、歯科医師個人の裁量と自己責任による適応外使用となっていました。
 そのような状況下、日本矯正歯科学会は2007年に「骨接合用ネジの適応拡大の要望書」を厚労省に提出、さらに2009年に提出した日本矯正歯科学会、日本歯科矯正器材協議会、日本歯科材料工業協同組合の三者による国内外の学術論文に基づいた「骨接合用ネジの適応拡大に係るサマリー」が医薬品医療機器総合機構(PMDA)で審理されるに至ります。そして2012年7月、厚労省から一般名称“歯科矯正用アンカースクリュー”として晴れて薬事承認されることになりました。日本矯正歯科学会はじめ関係諸氏の熱意と努力の賜物です。
 このアンカースクリュー(写真3)は、歯の前後方向のみならず垂直方向での移動をも可能とし、矯正治療の幅を拡大したことはもちろん、患者さんの協力を期待せずに結果を予知できるようになりました。成人の治療全てでという訳ではありませんが、治療目標を達成する上で今や欠くことのできない装置の一部になりつつあり、その使用頻度は益々高まると考えています。

c0130091_7523421.jpg

 今後、時間はかかると思いますが、顎変形症、口蓋裂その他の保険診療を認められている疾患治療にアンカースクリューが使用できるよう、保険に組み込まれることが必要になるでしょう。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-222
[PR]
by nikikai_sapporo | 2013-08-05 07:53 | Dr.正木 史洋
 桜の花が散り枝えだに青葉をまといはじめると、朝晩はまだ冷気の残るなか、ライラックの花がほころびその端正な香りを漂わせ始めて札幌はライラック祭りを迎えます。北海道矯正歯科学会の学術大会がそんな頃合いの5月下旬に開催されていたのはもう十数年前までのことで、現在では毎年6月の第三日曜日開催となっています。その6月17日の学会についてあれこれ頭の中で考え始めていた矢先、当院ホームページ統括の門脇先生からブログを7月にアップする旨の喚起メールをもらったな、と思っているともう6月になってしまいアカシアの白い花房を目にするようになっていました。前回の拙文を掲載してから1年、早いものです。
 昨年の春、透析専門医である松尾英徳先生から6x6版のフィルムカメラをお譲り頂き、恐る恐るいじり始めることになりました。仕事柄、矯正歯科治療の記録として口腔内や顔面の写真撮影のため一眼レフカメラにはフィルム時代から現在のディジタルに至るまで、私物を含めて三十数年に渡り慣れ親しんではいますが、この1950年代製と覚しき旧西独BALDA社のSuper Baldax は、撮影の際ボディー内に引き込み収納されている蛇腹付きレンズ(80mmF2.8)部をスプリングの力で繰り出すもので、フィルムの装填や巻き上げ、絞り、シャッタースピード設定、レンジファインダーによるフォーカス合わせ等々が儀式を行う感覚にも似て、最初のうちは少し厳粛な気持ちと戸惑いを感じておりました。しかしその昔、小六から中学にかけて手元にあった小西六写真工業(後のコニカ)製スプリングカメラのコニレットIIのことや、二十歳代最後の2年間をOHSUで過ごした際、主任教授であったDr. Savaraに助言を受けつつハッセルブラッドを用いて立体写真撮影を試みたこと等を懐かしく思い起こしながら、いくつかの失敗を重ねた結果、昨今のディジタルカメラにはないその素朴なアジを楽しめるようになりました。ガイドナンバー14の小さなストロボとISO400のフィルムを使用していますが、現像が出来上がるまで4~5日ほど時間がかかること、撮影画像の確認が直ぐできないことを除いてはそれほど大きな不自由を感じません。ただ、像の端と端が少し重なることがあり、撮影後フィルムを巻き上げる際、うら蓋の小窓でフィルム番号を確かめながら小刻みな位置調整が必要だということが、ごく最近になって分かりました。現在のフィルムあるいはその裏紙の厚さ等が昔に比べ薄くできているのかも知れません。

c0130091_6274212.jpg
Super Baldax

c0130091_628983.jpg
同カメラによる画像(矯正歯科スタッフ)

 さて、当院では治療記録用の一眼レフカメラを2007年3月にそれまでのフィルムからディジタルへ更新し、そして2010年春にはレントゲン撮影を全てディジタルへと変更しました。ディジタル化の利点としてはレントゲン撮影時の被曝量をほぼ半減できること、階調変化やエッジ効果を容易にでき見やすい画像が得られること、患者さんの診療録ファイルを薄く軽くできること、写真の劣化がなく、学会発表用に簡単に加工できること等々です。一方、長期保存に耐え信頼性が高く、見たい時にはいつでも手にとって見られる写真(銀塩)フィルムにたいして、ディジタルデータを見るにはコンピュータとモニターが必要であり、またデータを保存するCD、DVD、 ハードディスク、メモリースティック等には、熱、湿気、静電気、衝撃による破損という弱点が指摘されています。そこでディジタルデータの保存には常に複数のバックアップを残すことが必須となり、当院でもレントゲンデータは複数のハードディスクに、ディジタルカメラのデータはハードディスクと二組のDVDにバックアップを残しています。
 小生が、ワープロ機からパソコンに乗り換えた90年代前半はまだフロッピーディスクが標準でした。その後MO、CD、USB メモリー、DVD、Blu-Ray等と媒体は多様化しながら記録容量の高密度化を伴って変遷し、既にソリッドステート仕様のパソコンも製品化されている有様です。データを残しているDVDが将来無くならないという保証は無いかも知れません。今、テープを使ったレコーダーは録音、録画問わずどこを探しても見当たらないのです。そろそろ自宅のVHSレコーダーもDVD・Blu-Rayタイプにしなければと思いながら、銀塩フィルムの持つ魅力(信頼性・耐久性と味わい)を恨みつつ、国内唯一残ったメーカーがカメラ用フィルムを作り続けてくれることを願うこの頃です。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-222
[PR]
by nikikai_sapporo | 2012-07-01 06:27 | Dr.正木 史洋
「思いつくままに」

 5月の下旬、米国オレゴン州ポートランド市在住の友人夫妻(グリーンカード取得の日本人)が来道し、実に三十三年振りに旧交を温める機会があった。私がポートランド市内の大学に赴任した1976年当時、同世代のご主人は同市ビーバートンに本社を置く、オシロスコープで有名なTektronix社でエンジニアをされていて、私の前任者である武内豊先生を介して知り合った。奥方は双子の出産を間近に控えて大きなお腹をしていたが、その子達も既に立派な社会人。子育てから解放されてから年に一回のペースで旅行しているとのこと。私が78年に札幌へ戻った後、ご主人は「インテル、ハイッテル」のコマーシャルが一頃流行ったあのIntel社へ移り現在に至っているが、年に2週間の休暇と数年ごとにサバティカルの長期休暇が保証されていて、家族で米国内はもとよりヨーロッパや日本を旅行しているという。何ともうらやましい話ではないか。当院創設時、将来の構想として10日ないし二週間ぐらいの夏休みが取れるようにしたい、などと話し合っていたが、夢のまた夢。数年前の帰国時は当方の都合で相まみえるすべが無かったが、今回は成田からJRを使って函館へ入り周辺を観光して釧路、弟子屈と回って札幌入りとなった。ちょうどトマム付近でJR特急の炎上事故があった翌日で、スケジュールが数時間も遅れてしまった。ホテルへ迎えに行くと、一目で直ぐお互い解り合えた。確かに容姿は三十三年の経過でそれ相応の変化は有るが、食事を取りながら近況や友人達の消息などで話の花が咲きだすと、当時の生活や行事、日常通ったスーパーマーケット、暮らしていた周りの風景を含め鮮明に蘇ってきた。三十三年という時間は観念的にはとても長いが、感覚的には昨日のことのように思えるほど短く、記憶が薄れる訳ではないことを実感した。

c0130091_938670.jpg
噴火前のMt. St. Helens

c0130091_9382599.jpg
Mt. Hood


 閑話休題。私達が大学を卒業した1974年は、その前年に第四次中東戦争が勃発していわゆるオイルショック(第一次)という造語がマスコミを賑わしていた時である。スーパーマーケットでトイレットペーパーの買いだめに人が並ぶ風景がニュース映像でよく流れていた。私たちの親の世代は遡ることその29年前にあの敗戦による終戦を経験している。幼い頃から戦争での親の体験を聞かされていた私は「自分の両親は大変な思いをしたのだ」といった程度の感情は常に抱いてはいた。日本がポツダム宣言を受諾後、父はシベリア抑留となり母がひとりで4歳を頭とする乳飲み子を含む4人の子供たちを引き連れて満州から引き揚げるさなか、食糧難から栄養失調のため幼子4人全てを彼の地で亡くしてしまった辛く悲しい思い出である。亡くなった子供達の年齢に重なる年頃の孫を抱ける身となった今、4か月の間に一人また一人と子供を亡くしていく母の気持ちをあらためて思いやると、たまらなくなる。そして生きていれば話し相手になってくれたであろう私の兄や姉達の不憫さを思うのである。大学を卒業した頃の自分には親の心情に潜む苦悩を真剣に考えることは無かったし、また考えることはできなかった。

 三十三年の歳月がこんなにも短く、記憶が曖昧になることはないことを再認識した、香りかぐわしいライラックが咲き誇る一夜であった。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-222
[PR]
by nikikai_sapporo | 2011-06-30 09:34 | Dr.正木 史洋
<日本矯正歯科学会の認定医、専門医について>

 今回は少し堅苦しい話になりますが、お許し下さい。

 ここ数年、医療分野の広告その他で〇〇〇学会認定医とか、〇〇〇学会専門医といった活字を目に、あるいは耳にする機会が増えてきました。認定医と専門医の取り扱いは学会により多少の違いがありますが、医療の専門分化が進み、より深い学識と技量が必要とされ始めた背景から、認定医に加えて専門医制度を創設している学会もあります。

 日本矯正歯科学会の認定医制度は矯正歯科医療の水準を維持し向上を図ることにより適切な医療を提供することを目的として1990年に創設されました。認定医の資格は、5年以上本学会に属し、学会が認めた大学の附属病院や矯正歯科医療機関において5年以上にわたり相当の臨床経験を有し、学術誌に矯正歯科臨床に関する報告を発表し、審査に合格した者に与えられます。制度が始まって初めの10年ほどは全国に認定医を速やかに配置し、居住地域による医療格差を可能な限り無くす目的もあって、臨床経験を加味した書類審査のみで認定しておりました。しかし2000年以降の審査からは書類審査に加え、実技審査および面接試験を課して、臨床的技量、知識の評価を行って日本矯正歯科学会の「認定医」としています。

 更新は5年ごとに行われ、学術大会への出席や発表、および学術誌における症例報告や展示を行うことが義務となっています。

 専門医制度は、さらに高いレベルの制度として2006年創設されました。より高度な臨床技能と学問的知識の向上を目指し、口腔外科や補綴科(入れ歯などを扱う)、形成外科などの他分野と連携することによって、国民の健康と福祉に貢献することを目的としています。そのために、社会人として良識や医療人として高度な倫理観をもち、絶えず自己研鑽を積み、国民に積極的に情報提供を行い、国際的視野をもって矯正歯科医療の発展に奉仕すると同時に、認定医および専門医をめざす歯科医師の模範となり、その育成と臨床研修を援助できる者を「学会の専門医」としています。専門医資格は認定医資格を有し、本学会に10年以上属することを条件に、臨床試験として現代矯正歯科医療における代表的な10 症例の提示と試問審査に合格し、さらに学術大会においてこれらの症例報告を行った者に与えられます。審査は不正が許されないよう厳正に行われ、症例の治療結果も極めて厳格に評価されています。更新は 5 年毎に症例を報告し、審査に合格することが必要となっています。上記10 症例の中には、乳歯の残っている時期(混合歯列期)から治療を始める長期治療症例が課題の一つとして指定されており、通常の不正咬合や他科との連携による治療はもちろん、一人の患者さんを小児期から成人期にいたる治療と管理を正確な診断の基に行い、さらに治療後の変化にも配慮できるのが日本矯正歯科学会の「専門医」と言えます。

 現在は学会の審査部門で認定作業を行っていますが、将来的には学会と切り離した別組織の第三者審査機構を作り、その中で対社会的にさらに透明性の高い審査、認定を行うことを目指しています。言い換えますと一般社会から信頼される専門医を増やすことです。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
[PR]
by nikikai_sapporo | 2010-07-06 21:59 | Dr.正木 史洋
「矯正治療・いまむかし」

 今回は矯正歯科・正木の担当で掲載いたします。

 去る6月21日の日曜日、私どもが所属しております北海道矯正歯科学会(http://www.hos.gr.jp)の50周年記念大会が北海道歯科医師会館で行われ、参加して参りました。

 この学会が創立された1959年に比べますと、現在は矯正治療技術、使用される材料は当時とは比べようもなく進歩し、子供から成人まで幅広い年齢層の患者さんが治療を受けておられます。

 戦後十数年ほどが経過したこの創立当時、歯科医は専ら虫歯治療や抜歯、入れ歯の治療に没頭せざるを得ず、歯並び、咬み合わせに問題を見つけたとしても治療できる歯科医は極僅か、殆どは放置されていたように思われます。

 小学校の検診では今のように歯並び・咬み合わせをチェックされることもありませんでした。時代が少し下りますが60年代前半の高校生時代、隣のクラスに、笑うと口の中にぎらぎらと光って見える金属の金具(全帯冠装置)を入れている男子生徒がおりました。

 何でそういうものを付けているのかが不思議で「きっとどこかが悪いのだろうな」と思っていました。そんな程度の認識で、それが歯を動かす矯正歯科治療とは全く知らなかったのです。全校生徒約1500人の中で矯正装置を入れていたのは彼一人だけだったと思います。

 学園紛争が落ち着きを取り戻しつつあった70年代の大学4年生頃に、矯正歯科学の講義の中であの全帯冠装置を見て、「ああ、そうだっ!彼がやっていたのはこれなんだ」と妙に納得、感心したのを覚えています。

c0130091_12192385.jpg

 1971年、矯正治療システムに革新的変化が起こりました。1871年の金属製バンド(帯冠)の発明以来、ブラケット(ワイヤーを固定する金具)はバンドに溶接しそれを歯科用セメントで歯に固定していました。患者さんにとってこのバンドを歯に合わせる処置が苦痛で時間も大変かかる術者泣かせの作業でした。

 これに代わりブラケットを直接歯の表面に接着しバンドが不要となる技術 (ダイレクトボンディング法)が東京医科歯科大学の三浦不二夫教授(当時)のグループにより開発されたのです。

c0130091_12194186.jpg

 以降その接着材は天然歯牙に限らず金属にも接着できるようになり、世界中の矯正歯科医はその恩恵を享受しています。また歯を並べる際に用いる金属ワイヤーはステンレスが主流でありましたが、80年代に入ると、チタン・ニッケル合金による超弾性ワイヤーの出現により、治療初期より非常に弱い力を持続的に歯に加えることができるようになり、患者さんにとってより快適性が増しました。

 更にブラケットの材質もプラスティック、セラミックと多様化し、治療中にも審美性も求める患者さんに対応できるようになってきました。

 このように矯正治療に用いる材料や治療方法は日々進化し続けてはいますが、術者の洞察力やたゆまない技量の向上が不可欠な事は言うまでもありません。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
[PR]
by nikikai_sapporo | 2009-06-29 12:20 | Dr.正木 史洋
「不正咬合もろもろと習癖」

 矯正歯科を担当しています正木です。
 当二期会歯科クリニックは開設以来四半世紀が経過しようとしています。当初10年間ほど、不正咬合を訴えて矯正歯科を受診する患者さんの内訳は大雑把に言って5割が反対咬合(うけ口)で、4割が叢生(乱ぐい歯)、1割が上顎前突(出っ歯)でした。しかし、その比率が徐々に変化し、最近では反対咬合が3割弱、上顎前突が3割で、叢生が4割となっています。この原因がどこにあるのかは判然としません。

 様々な医療情報を簡単に得やすくなった環境により患者さんの意識レベルが変化したことも影響していると思われますが、一説には、反対咬合は誰の目にも判定しやすい不正咬合であり、近年矯正歯科診療所が各地で増加したことで、一番目に付きやすい反対咬合の患者さんが数多く治療を受けている結果、一診療所あたりの反対咬合の比率が減少したのではないか、とも言われています。確かに25年前10軒であった札幌市内の矯正単科開業の診療所は、現在32軒と増加していますし、更に矯正歯科を標榜する歯科診療所もかなり増えていますので、一理あるかもしれません。

 この25年間に変化した今一つは、患者さんの年齢比率です。小学生から高校生までの成長期にある子供が圧倒的に多く、二十歳以上の成人は1割未満だったのが、今は小学生が2.5割、中・高生が4割、成人が3.5割となっています。日本の経済発展を背景に矯正歯科治療そのものが一般に普及したことに加え、使用する装置の審美的改良等により成人が昔に比べて大きな抵抗を感じることなく治療を受け入れられる環境になったこと、さらに8020運動に代表される日本歯科医師会の啓蒙活動や日本臨床矯正歯科医会(http://www.orthod.or.jp/)による「スマイルコンテスト」といった矯正歯科治療の普及活動などが、理由に挙げられるでしょう。

 女子マラソンの土佐選手が歯にブレース(ブラケット)を装着して国内レースで優勝した姿は記憶に新しいですね。もう既に治療は終了し、今は保定中(後戻りしないように観察)とのことです。過去には陸上競技のカール・ルイスやテニスのシャラポアも矯正治療をしていました。このようにマスコミに矯正治療中の著名人が登場することは好ましいことです。健康な歯、歯肉(歯ぐき)と骨であれば、治療期間は別として、年齢に関係なく矯正治療は可能です。チョットおかしいなと感じたら是非矯正歯科認定医や専門医(http://www.jos.gr.jp/search/index.html)を受診しましょう。

 来院される患者さんを拝見していますと色々な不良習癖(くせ)を持っていて、それが原因と思われる顎のゆがみや咬み合わせの異常を伴った不正咬合を目にします。例えば長期間にわたる頬杖癖は下あごの形やその位置を変化させ、結果的に左右の咬み合わせの違いや、歯並びの中心線のずれが生じます。

c0130091_9343950.jpg

 また、睡眠時の姿勢(睡眠態癖)も同様の影響を及ぼし、特にうつ伏せ睡眠は注意が必要です。下の写真は顔の右側を下に、すなわち左向きのうつ伏せ寝が習慣的に行われていた結果です。

c0130091_935277.jpg

 成長期にこうした習癖による力が働くことで骨の形や歯並び、咬み合わせに異常を来し、治療が更に難しくなりますので是非気をつけていただきたいと願っています。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
医療法人 二期会歯科クリニック / 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 審美歯科
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220
[PR]
by nikikai_sapporo | 2008-08-17 16:22 | Dr.正木 史洋