歯科医師が綴るコラム集やお知らせなど【二期会歯科クリニック】札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F/TEL:011-251-2220


by nikikai_sapporo

コラム・8月号(第118回)/ Dr.工藤諭 【二期会歯科クリニック・札幌市中央区】

 こんにちは、今月のブログは、工藤 諭が担当いたします。

 夏真っ盛り、スポーツも多種多様な種目が行われてる。そんな中、気になる点がいくつかあったので取り上げてみたい。今年の夏のスポーツは、我々日本人が溜飲を下げる場面が少なかったように思える。なかでも昨日行われた、ゴルフの全米プロゴルフ選手権は、25歳の若者の活躍に日本中が注目し結果惜しくもメジャータイトルを逃すこととなってしまった。

c0130091_14415430.jpg

 非常に残念であったが、来シーズン大いに期待出来そうである。
 最終的に5位タイでフィニッシュし、インタビューを受けている時に、悔し涙を流していた。
日本人的発想なら、「男泣きしたこの悔しさを次にぶつけろ!」である。

 しかし、ちょっと待った。

 他のプレーヤー(特に欧米)たちは、負けた時に(嘘でも)勝者をまず讃える。
次に敗因と、次回への意気込みとなる。彼は最近調子も良く、しかも2日目に爆発して、首位タイに躍り出た。誰もが(一番は本人)優勝を確信したに違いない。(もちろん私も。)日本中の期待を一身に背負い、持てる力をフルに発揮した結果……なのか?スポーツは心、技、体とよく言われるが、彼は「心」の部分に自ら負荷を掛すぎてしまったのだろう。あの涙を見た時、毎回ふてぶてしく見えた松山選手も人の子だったのかと気づいた。しかし彼はもはや日本代表のゴルファーなんかではなく、世界代表で、世界中を熱狂させる存在である。家族も出来たみたいだし、カラダと技術に引けを取らないメンタルをぜひ身につけて、真の世界一に上り詰めてほしいものである。
 とりあえずはお疲れ様でした。

 松山選手とくれば、言わずもがなの石川遼選手である。

c0130091_14420315.jpg

 早く日本に帰っておいで。

 世界陸上は、例年、司会の織田裕二の服装にばかり関心が集まるようだったが、今年は短距離に素晴らしい若者たちがエントリーし、結果、400メートルリレーで銅メダルを獲得した。また、すでに日本のお家芸となりつつある競歩は、銀、銅、5位入賞と輝かしかった。

c0130091_14421177.jpg

 柔道!見習うべし!(特に君だ!)

c0130091_14421830.jpg

 サッカーはワールドカップは硬いか?(ドーハのこともあるので、なんとも…)

c0130091_14422793.jpg

 最後に、わが郷土の誇り、北海道日本ハムファイターズである。
話にならん…。

c0130091_14424225.jpg

安く買ってきて、育てて、高く売る。中古車のガリバーか?同じ手法でレギュラーがどんどん抜けて、J1に上がったと思ったら直ぐJ2という「なんとかドーレ札幌」みたいなことをやっている。
結果、残ったのは、どこからも声の掛からない金髪4番と名も無き1.5軍の若者たち。

 球場の移転の前に、コンスタントに勝てるチーム作りと、ファンの気持ちを大事にする球団経営を率先してもらいたい。その点楽天は、監督がイマイチでも、積極的な補強と、即1軍レベルの選手をドラフトで上手に選んでいる。ソフトバンクホークスは、何もかもが(人気、施設、選手層、地元のプッシュ)球界No.1である。

c0130091_14425153.jpg

 この原稿を書いた後、札幌ドームで野球観戦である。皮肉である。

 スポーツ秋の陣に期待をしつつ脱稿としたい。


▽総合的な治療が可能な歯科医院です
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220


[PR]
by nikikai_sapporo | 2017-08-17 14:45 | Dr.工藤 諭