歯科医師が綴るコラム集やお知らせなど【二期会歯科クリニック】札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F/TEL:011-251-2220


by nikikai_sapporo
 今回は技工士の横田が担当します。
 ゴールデンウィークに4月28.29.30日の日程で函館観光に行ってきました。今回の最大の目的は「松前城の桜をみること、イカ刺しを食べる」です。

〜初日〜
 28日仕事が終わり、急いで帰宅しPM7:30に自宅を出発です。ドライブスルーで軽く食事を済ませ、高速道路をノンストップで大沼公園到着です。しばらく一般道を走っていると、函館ではおなじみのラッピこと「ラッキーピエロ」が見えてきました。よし、ここで明日の朝飯を調達です。後ろ座席で爆睡していた子供たちを無理やり起こしバーガーを選ばせます。オヤジ「ここは、チャイニーズチキンバーガーが有名だぞ。これ4つでいいだろ」嫁、息子「うん」娘「オムライスがいい」ガクっ!そうきたか!と思いつつバーガー3つとオムライスを購入しました。  
 また車に乗り込み、走り出します。函館到着―!が、しかしスルーして車はまだ走ります。今日の目的地は松前、道の駅で車中泊して渋滞を避ける作戦です。が予想よりも遠い、完全に日を跨いでいます。そうこうしていると、ようやく到着――!長かったー。私たちと同じ考えなのか、駐車場はそこそこ混んでいます。さほど広くない車内で後ろに三人、運転席で私が寝ます。

c0130091_12113438.jpg

深夜到着したラッキーピエロ

c0130091_12130899.jpg

〜二日目〜
 朝、起きると体が痛い。仕方ありませんが寝ないよりマシ。昨日買ったバーガーにかぶりつきます。冷めているけど「うまい」。天気も良好。山側を見ると松前城が見えるではありませんか!早速散策します。桜も咲いていて気持ちのいい散歩コースでした。しかも偶然今日から(4/29~5/14)松前桜まつりとのこと。祭りの雰囲気も満喫して大満足の一つ目の目標達成です。
 その後函館に戻り五稜郭タワー、函館山を巡りました。

c0130091_12132401.jpg

 晩ご飯は函館駅近くの居酒屋に入りました。イカ刺し時価とのことで聞いてみると1700円以上!不漁とは聞いていましたが「高い・・・」明日は朝市でも食べる予定でしたが、もしかしたら入荷がないかも、と頭をよぎり一つ注文。出てきた瞬間「頭が動いている!!イカも透明」食べるとこれまた美味い。頼んでよかった。その後ホテルに行き、ようやく横になって寝ることができました

c0130091_12134394.jpg

〜三日目〜
 朝から仕度をしてチェックアウト。すぐさま朝市に向かいます。一番の目的は釣り堀でイカ釣りが出来て、その場でさばいてくれるお店があると聞いていたので、そこに向います。
すぐ見つけることができましたが、もう行列が・・・30分待ち。このために来たので並びます。並びながら値段を見ると、えっ!600円!!昨日の三分の一。失敗した〜。少し落ち込みましたが、これも旅の思い出と気を取り戻して、嫁と息子がイカ釣りに挑戦。簡単に二人とも釣り上げ、早速さばいてもらい、いただきます。やっぱり美味い。二つ目の目的も達成して今回の旅の目的はクリア!その後、金森倉庫を観光して函館北斗駅に向かい、新幹線を見て帰路につきました。

c0130091_12141731.jpg


c0130091_12143523.jpg

久しぶりの函館でしたが、充実した旅になりました。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220

[PR]
# by nikikai_sapporo | 2017-05-09 12:10 | 技工士:横田
~親知らず 抜かずに活かす?~

今回は「親知らず」について書きたいと思います。

「親知らず」とは第三大臼歯というのが正式な名称ですが、親の知らない間に生えてくる歯という意味で「親知らず」と呼ばれています。

この「親知らず」は様々なトラブルを起こす歯というイメージがあると思います。

実際、現代の人間は顎が小さい人が多く、親知らずの生えるスペースが足りないため横向きや斜めに生えてくる場合があります。このような場合、歯ブラシがし難くなり、虫歯や歯周炎になり易くなります。

c0130091_21260831.jpg

親知らずによる問題が起きた場合は歯科医から抜歯を勧められることが多いと思います。

しかし…、その親知らず 活かせるかもしれません。

実際の症例をご紹介いたします。

c0130091_21262509.jpg

奥歯が欠損している所に親知らずを移動して欲しい…と依頼がありました。

c0130091_21263512.jpg

矯正治療を開始して、

c0130091_21264615.jpg


起き上がりました! 

次に下図の症例は右側が歯の大部分を削っている銀歯があり、左側は欠損しているスペースを補う処置(ブリッジ)をしています。

c0130091_21265691.jpg


c0130091_21270552.jpg

喪失もしくはダメージの大きい歯の代わりに健康な親知らずを活かす治療方針を立てました。

c0130091_21271668.jpg

装置を装着して、左側のブリッジを撤去し、右側の銀歯を抜歯しました。

c0130091_21272545.jpg

隙間を閉じながら、左側の親知らずを誘導しています。

c0130091_21273594.jpg

続いて右側の親知らずの誘導を開始しました。

c0130091_21274877.jpg

スペースも閉じて親知らずを配置できました。

c0130091_21275698.jpg

矯正終了時です。

 このように病巣のある歯や失った歯の代わりに健康な「親知らず」を活かすことができるかもしれません。しかし、「歯の大きさや顎の大きさのバランスが悪く並ばない」、「親知らずの虫歯が大きい」、「親知らずの周辺が炎症を起こしている」、「骨と癒着して動かない」といった問題がある場合はその限りではありません。
 
 「親知らず」を含めた歯並びに関するお悩みがありましたら、お気軽に矯正科へご相談ください。


▽総合的な治療が可能な歯科医院です
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220

[PR]
# by nikikai_sapporo | 2017-04-01 08:05 | Dr.大西 康友
「自由(?)研究」

今回は上の子の冬休みの自由研究記であります。なぜか長期休みに親が憂鬱になるこのワード

自由研究

「なんでもいいから自分が興味を持ったものを調べて、、、」って、クリスマスやら正月やらスキー教室やらでお忙しい小学四年生、そんなもの二学期の終業式の次の日には頭の片隅にも御座いません。

失礼、皆様の優秀な御子息、御令嬢は違うかもしれませんね。

そんなこんなで年も明け、気付けば冬休みはあと一週間余り。
ここでお約束の親父登場です。
冬休みの残りを考慮し「出来るだけ短時間で出来て見映えのいいものは、、」と一両日思案いたします。

そして今回選択したのは、「つまみ細工」というもの。

娘に、
「自由研究きまったかー?」
と問えば
「んー?決まってませんよー。」
上の子超マイペース、誰に似たのか、、
「そうかー実はなー、江戸時代から伝わる伝統工芸で、つまみ細工ってのがあるんだが、どうだー、他にやりたい事あるかー?これにするかー?しないか?するな?よし。」
のっけから自由なんてものはありません。

さて、そうと決まれば僕の大好きな100均へ材料の買い出しです、僕一人で、、、なぜ?

まあそれはいいとして、つまみ細工というのを簡単にご紹介すると、布を小さく切ったものを小さく折って飾りを作る伝統工芸品であります。

以下工程を、

ちりめんという布を使います。
100均に様々な色のものがいっぱい売ってます。
それを2センチから4センチ程の正方形に切ります。必要な枚数。

c0130091_17370124.jpg

これを三角形に3回折り、端っこをつまんでボンドで接着します。

c0130091_17371615.jpg

それを洗濯バサミで固定します。

c0130091_17374506.jpg

これを必要な枚数分繰り返し、こんなパーツをたくさん作ります。

c0130091_17375572.jpg

二段重ねにするので大小2種類のものを用意しました。
ここまで約1時間。
マイペース娘、この時点で既に全然関係無い本読んでます。

「なんか楽しそうにやってるね。」なんて言いながら。

そして今回は髪のピン留めに飾りを付けるので丸い台紙をハガキか何かで作り、ピン留めに差し込みます。ピン留めももちろん100均製。

c0130091_17380016.jpg

c0130091_17381362.jpg

その台紙を布で包みます。

c0130091_17381930.jpg

そこに先程のパーツを並べて接着していきます。

c0130091_17382788.jpg

2段目に小さいパーツを重ねます。

c0130091_17383571.jpg

ここら辺りで
「大事なところぐらい自分でやってみるかー?」
と本に御執心な四年生を初めて参加させます。

しかし、こういう事はキチッとやりたい性格上やらせてはみるものの黙って見てはいられず、
「ん、ちょっと曲ってるな。」
「もう少し均等に並べるか。」
と結局自分でやりだす親父。

ここまで来るとなんだかちょっと楽しくさえなってきます。
最後に真ん中に飾りのビーズなどを接着して完成です。

c0130091_17384402.jpg

小さいパーツは折り方で形を変えることができ(剣つまみと丸つまみという2種類があります)その組み合わせで色々な形の花を作ることができます。
今回は2日間でこのような4種類を作りました。もちろん僕が。

c0130091_17385669.jpg

c0130091_17390492.jpg

なんでしょうこの完成した後の達成感。
「ほら、どう?綺麗だろー。ちょっと付けてみ。」と自分の傑作を見せびらかしたりして。

皆さんもいかがですか、脳の老化防止トレーニングにおひとつ。なかなか楽しいですよ。

御所望の方は私まで、只今無料キャンペーン中!

あれ?なぜこんなもの作ったんでしたっけ?
あ、自由研究でしたね。途中から忘れてました。

、、、もう無くなりませんかね?名ばかりの自由研究という宿題。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220



[PR]
# by nikikai_sapporo | 2017-03-03 17:47 | Dr.木下 篤
「チワワと泊まれる宿」

 今回は林が担当いたします。

 以前、ブログで書きましたが、チワワを飼って今年で6年目に入ります。同僚の先生でチワワを飼い始めた先生もいますので、今回はチワワといっしょに泊まれる宿を紹介いたします。今の時期といえば、温泉宿が最高ですね。まず近場の定山渓温泉で良かったのは、「森の謌」という宿です。

c0130091_21232221.jpg

 ここは、部屋から出るとワンちゃんスペースがあり、くつろぎの場となります。

c0130091_21233378.jpg

 おっとチワワではありませんね。
 チワワはこちらです。
c0130091_21235264.jpg

 料理が大変美味しく、癒されました。

 次に紹介するのは虎杖浜温泉の「ふるかわ」という宿です。とても人気の宿で週末は予約が取れにくくなります。定山渓温泉の「ふるかわ」もそうですが、犬連れの客もとても大事に考えてくれている感じがします。

c0130091_21240471.jpg

 専用の玄関口があり、部屋直結です。
 大きな看板犬もいました。

c0130091_21241548.jpg

c0130091_21242517.jpg

 料理は地産池消の和食でとても美味しくお酒も進みました。
 温泉からは太平洋が望むことができ、犬連れでなくてもおすすめの宿です。

 最後に紹介するのは、函館の「男爵倶楽部」という駅前近くのホテルです。
ここは温泉ではありませんが、連泊して函館観光するのにはとても便利なホテルです。
キッチンも充実していて部屋でペットといっしょに食事もできます。
朝食は朝市から海鮮丼などを部屋まで頼むことができます。

c0130091_21244097.jpg

c0130091_21245589.jpg

 チワワと泊まれる宿が充実してきて大変ありがたいことですが、一般の宿泊客のご理解あってのことなので、マナーをしっかり守っていくことが大事であると思っております。

▽総合的な治療が可能な歯科医院です
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220


[PR]
# by nikikai_sapporo | 2017-02-13 21:19 | Dr.林 聡氏
〜50半ばの『初体験』〜

 あっという間に2016年が過ぎ去り、また新しい年が始まった。昨年を振り返ると、いろいろな「初体験」をした年だった。「初体験」などと書くと、「胸がキュンとするような」体験やら、「甘酸っぱさがこみ上げてくる」想いなどを思い浮かべるかもしれないが、そんなわけないでしょ?この年になって「胸がキュンとするような」ことがあったら心筋梗塞の発作を想定すべきだし、「甘酸っぱさがこみ上げてくる」なら疑うべきは逆流性食道炎である。ここで私が言いたい「初体験」とは、50半ばという年になるまでチャンスがなかったり、食わず嫌いや苦手意識があって敬遠していた「日本の文化・芸能」に昨年初めて接する機会を得たという話である。

           ********

 『狂言』を初めて鑑賞した。
 こんなに面白いものとは知らなかった!前振り解説を野村萬斎自らみっちり30分やってくれたおかげで、私のような全くの初心者でも「見方」「楽しみ方」の基本を理解できた。
 演目は「孫聟(まごむこ)」と「蝸牛(かぎゅう)」。「孫聟」では野村万作が仮面をかぶったままで翁を演じたのだが、彼の動きはどこかで見たことがあると思った。そうそう!この動きはスター・ウォーズのヨーダそのものだ!ヨーダはヨーダでもエピソードⅠ〜Ⅲじゃなく、Ⅴのヨーダである。きっと人間国宝はフォースが使えるのである。「蝸牛」では、野村萬斎の挙動と声に魅せられた。キビキビとした身のこなし(こんなカタツムリはいないのだが・・・)、「イエェ、イエィ」と会場に響く声の張りは何とも素晴らしい。話はそれるが、イエイエといえば、60年代のアイドル系フレンチ・ポップの呼称で、日本ではレナウン娘のCMソングである。な〜んていう余計な思考が、萬斎の「イエェ、イエィ」を聞いていると、頭をよぎってしまう。困ったもんだな。
 狂言の題材の根幹は「大きな勘違い」や「感情や思惑のすれ違い」など、落語のそれと通じるものがある。そういえば数年前に立川志の輔が「志の輔らくご in PARCO」で狂言師と共演していたのを思い出す。そして狂言の「間の取り方」や「反復の変化」は「コント」の原型ともいえる。特に「孫聟」における「反復の崩し(一、二度同じ動作が繰り返されるが、三度目で違う動作に変化する)」が笑いを生むという理屈は、サイレント時代のチャップリン喜劇の基本でもある。「狂言」とはコメディの原点、ルーツ。納得である。


c0130091_23341634.jpg



 『鼓童〜和太鼓』を初めて体感した。
 鼓童とは、佐渡島を拠点として国際的な公演活動を展開するプロ和太鼓集団である。ちょっと前までは「太鼓叩くのを金払って観に行くなんて・・・」と思っていた。今となっては、何がきっかけで鼓童の公演に行こうと思ったのかよく憶えていないのだが、きっと芸術系の神様が私の耳元でこうささやいたのである。
   「和太鼓を体感しなさい。」
 鼓童のパフォーマンスの中心は様々な打楽器で、その中心的存在は巨大なる和太鼓である。この和太鼓の音は「聴く」のではなく、全身で「体感する」ものであった。太鼓の音圧によって、私の猫背はシャッキリ伸びて座席の背もたれにビタ〜っと張り付き、おしりはシートに深く沈み込んだ。そして私の体の芯の部分が振動する。それはその時点の肉体的「芯」というだけでなく、時間軸を遡った原始的「核」とも言うべき部分が共振を起こしているかのようであった。この集団のパフォーマンスはそれだけではなく、踊り、唄い、笛を吹き、演じる。とりわけチョウチンアンコウのような衣装と演出には舌を巻いた。そして公演のラストはメイン演目「螺旋」。圧巻であった。この演出・衣装デザインは坂東玉三郎であった。おいおい、ここで歌舞伎がリンクしてくるのかぁ。


c0130091_23342888.jpg



 『歌舞伎』を初めて覗いてみた。
 私の芝居(鑑賞)の師匠的存在である友人が数年前から本格的に歌舞伎にハマりだし、何度となく私に歌舞伎の素晴らしさを語ってくる。そのたびに「そうねぇ・・歌舞伎とオペラは寝てしまいそうでなぁ・・なんだか勉強しなきゃならないようで・・・解説(今時はタブレットなんだそうだ)見ながらってのも面倒そうだし・・だいたい歌舞伎観に行く連中のチャラチャラ着飾ってるところが気にくわねぇ・・・」などと言って敬遠してきた。それでも落語の芝居噺を楽しむには歌舞伎を知らなければならないし、長唄をはじめ端唄・小唄に常磐津・浄瑠璃、私の好きな都々逸などの「粋」を味わうには歌舞伎が基本である。よってちょいとハードルの低い初心者向けの演目が札幌に来ないかなぁ、と思っていた。そこに来ました「古典への誘い」という特別公演!演目は「勧進帳」。出演は、弁慶に市川海老蔵、安宅(あたか)の関所の役人富樫に中村獅童。これでしょ!
 お目当ての「勧進帳」の前に、能楽舞囃子「安宅」という演目も行われた。勧進帳の元ネタは「能」の演目で、今回の演目「安宅」はその簡易バージョンなんだそう。これは眠くなってしまった。一人で舞っているはずなのに、重いまぶたの隙間から舞台を見ると二人シンクロして舞っているのが見える。いあやはや、もう能死じゃなく脳死状態である。
 さあ、気を取り直して勧進帳だ!海老蔵の色気と見栄のオーラにやられた。凄い!の一言である。獅童と並ぶとやっぱり役者が違う、ということが解る。しかし、海老蔵の声はややハスキーで会場内にビシッと通らないことも解った。前述の友人の話によると、勧進帳の弁慶はもっと格の高い古株役者がする役で、まだまだ海老蔵は「若手」なのでこの企画は地方巡業的な位置づけなのではないかということ、また彼は見栄は決まるがストーリーを進める際の芝居が今ひとつなんだそうだ。さすがに奥が深いわ。
 この弁慶と牛若丸の話は、映画でいえば黒澤明監督の「虎の尾を踏む男たち」であり、落語「青菜」の隠し言葉遊びのネタでもある。昨年9月に初めて京都・鞍馬山に登ったのだが(これも初体験!)、鞍馬山こそ弁慶と牛若丸の話にどっぷり関連しているわけで、おいおい、いろんなものとリンクして来るぞ!と感慨に浸ってしまうわけである。


c0130091_23344149.jpg


 初体験ネタの最後に、日本文化・芸能ではないが「これぞ!」という初体験をしたので書いておきたい。2016年10月16日プロ野球パシフィックリーグ・クライマックスシリーズ第5戦、宿敵ソフトバンクに対して日本ハムが7対4とリードでむかえた9回の表、日本のプロ野球ファンがかつて聞いたことがない「初体験の球場アナウンス」が告げられた。私はこれを4万人以上の観客と共に札幌ドームで聞いたのである。
  「日本ハムの守備の交代をお知らせします。指名打者大谷が、ピッチャー!」
一瞬、ドームが静まりかえった。一秒、いや、もっと短かったかもしれない。私を含めた観客たちが、アナウンスされた言葉の意味を理解するのに0コンマ何秒必要だったのだ。そして怒号のような歓声が沸き立った。地響きだ。その後の大谷君のピッチング(私個人としては時速165キロの直球より、時速151キロのフォークボールに感激した。)、そして日本ハムの日本シリーズ優勝は皆様ご存じの通りである。後から聞いた話だが、テレビ観戦していた人は大谷君がブルペンで肩を作っているという情報が知らされていたので、彼がいつリリーフ登板するかと期待していたそうだ。しかしドームの観客たちは(球場内のテレビモニターを見ていたり、ラジオ放送を聞いていた人は別にして)そんなことは全く知らずに、あのアナウンスを聞くことになったのだ。あの場面、札幌ドームに居て本当に良かった。あんな凄い初体験はないでしょ?


c0130091_23351204.jpg



           *********

 そんなこんなの初体験であったのだが、長年体験(経験)を積んできた映画の方はといえば、昨年もたくさん観た、もちろん。「バットマンVSスーパーマン」「キャプテンアメリカ/シビル・ウォー」「ファンタスティックビースト」「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」などの話題作ヒット作はどれも面白く、充分楽しめた。これらはすでに過去の作品で作られた世界観があり、その中に安心して入り込めるという利点を持った作品群である。しかしこれらの作品群の最大の弱点は「既視感」なのである。映画は「安全牌」ばかりじゃ、つまらない。映画史の中でマイルストーンと呼ばれる映画〜「ゴッド・ファーザー」「スター・ウォーズ/エピソードⅣ」「マトリックス」などを観た時の衝撃は忘れがたく、それはまさしく「初体験」といって良いのではないか?と思う。強く、強く心揺さぶられる映画には何かしら「初体験」の要素が含まれている。「こんな映画は初めてだぜ!」思わずこんなセリフを言いたくなる出会いこそが、まさしく映画の醍醐味だ。そんな「初体験」を求めて、今年も毎週のように映画館に通う私なのである。


▽総合的な治療が可能な歯科医院です
札幌市中央区北3条西2丁目 NC北専北3条ビル8F TEL:011-251-2220


[PR]
# by nikikai_sapporo | 2017-01-08 23:41 | Dr.門脇 繁